ミステリーホラー『残穢【ざんえ】』×和楽器バンド スペシャルトレーラーが完成…新曲にのせ未公開の映像も解禁

SPICER
 (C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

画像を全て表示(2件)

映画『残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―』と和楽器バンドがコラボレーションした予告映像が公開された。

同作は、第26回山本周五郎賞受賞の小説『残穢』(ざんえ)を、『白ゆき姫殺人事件』の中村義洋監督が映画化したミステリーホラー。1月30日(土)から全国公開される。

和楽器バンドが、同映画のため書きおろしの新曲「Strong Fate」をイメージソングとして提供したことはすでに発表されていた。解禁された予告編は同曲に、映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』の映像をのせたスペシャルトレーラーとなっている。



注目すべき点は「Strong Fate」だけではなく、映画の未公開シーンが映像に含まれているところだ。どのカットが未公開かは不明ながら、映像が進むにつれ、真っ白な老婆らしき人物など怪しげな人物や物体が次々登場する、恐怖をあおる映像に仕上がっている。

和楽器バンドは、詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた、"新感覚ロックエンタテインメントバンド"。鈴華ゆう子(Vo)、いぶくろ聖志(箏)、神永大輔(尺八)、蜷川べに(津軽三味線)、黒流(和太鼓)、町屋(Gui)、亜沙(Ba)、山葵(Dr)の8名からなる。2014年4月にアルバム『ボカロ三昧』でデビュー。その後もオリコン週間ランキング初登場5位を皮切りに、発売から22週間連続でTOP100入りを果たしました。昨年9月に発売したセカンドアルバム『八奏絵巻』がオリコン週間ランキング初登場1位を獲得するなど、活躍目覚ましいバンドだ。「Strong Fate」はテレビスポットなどでも使用される予定。

和楽器バンド

和楽器バンド



物語

その奇妙な「音」はただの始まりでした。小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。「私」と久保さんは、作家の平岡芳明(佐々木蔵之介)、心霊マニアの青年・三澤徹夫(坂口健太郎)、そして、「私」の夫・直人(滝藤賢一)らの協力を得て、ついに数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着く。だがそれは、さらなる事件の序章に過ぎなかった。すべての事件をつなぐ【穢(けが)れ】の正体とは?

『残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―』は2016年1月30日(土)全国ロードショー

作品情報

『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』

原作:小野不由美 『残穢』(新潮文庫刊) 第26回山本周五郎賞受賞
監督:中村義洋 (『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一 ( 『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介 ほか

公式サイト:http://zang-e.jp

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

 
シェア / 保存先を選択