衝撃のオペラ『ルル』がMETライブビューイングで1月16日より上映!

ニュース
2016.1.12

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(通称MET)で上演される世界最高峰のオペラを、東京の東劇をはじめ全国の映画館で上映するという「METライブビューイング」。オペラ好きな観客にとって魅力あふれる企画で、昨年の秋から新シーズンのラインナップが上映中である。

1月16日から22日まで上映されるオペラ『ルル』は、フランク・ヴェーデキントの戯曲『地霊』と『パンドラの箱』を原作に、アルバン・ベルクが作曲した作品で、魔性の女ルルに魅入られた男女の凄絶な転落劇だ。ベルクがその命を賭けたオペラと言われるように、斬新な音楽と猟奇的な物語はまさに革命的で、音楽界をゆさぶった20世紀オペラ最大の問題作と言われている。

今回上映の舞台は、METでの上演日は2015年11月21日。まだ2か月も経たないリアルタイムに近い臨場感あふれる映像である。

指揮は本作を十八番とする俊英ローター・ケーニクス、演出は現代アートの鬼才と呼ばれるウィリアム・ケントリッジ、2人のコラボレーションはスリリングな体験になること間違いない。

ルルにはこの役で世界に躍り出たマルリース・ペーターセン、ゲシュヴィッツ伯爵令嬢にはMETが誇る“スター・メゾ”のスーザン・グラハムなど、最高のキャスト陣の舞台を大型スクリーンで堪能できることとなる。

【あらすじ】

20世紀初め、ドイツのある町。町で出会った少女ルルを連れ帰って育てたシェーン博士は、彼女に惹かれながらも官僚の令嬢と婚約し、ルルは医者のゴル博士に嫁がせる。男という男を魅了するルルは画家と浮気をし、現場を目撃したゴル博士は悶死。ルルはシェーン博士の妻の座を手に入れる。だが男女を問わず奔放な関係を続けるルルに、逆上したシェーン博士はピストルを突きつけるが、逆にルルに殺されてしまう。投獄されたルルは女の恋人の手引きで脱獄するが、もはや体を売るしか生きる道は残されていなかった…。


METライブビューイング 2015ー2016
第4作 ベルク『ルル』新演出(ドイツ語)

上映期間◇2015年1月16日(土)~1月22日(金) 
指揮◇ローター・ケーニクス 
演出◇ウィリアム・ケントリッジ
出演
マルリース・ペーターセン(ルル)
スーザン・グラハム(ゲシュヴィッツ伯爵令嬢)
ヨハン・ロイター(シェーン博士/切り裂きジャック)
フランツ・グルントヘーバー(シゴルヒ)
ダニエル・ブレンナ(アルヴァ)
 
MET上演日◇2015年11月21日 
上映時間(予定)◇4時間15分(休憩2回)
言語◇ドイツ語
〈『ルル』予告編〉https://youtu.be/o61TfrMzPeY
演劇キック - 観劇予報
シェア / 保存先を選択