渕上舞さんが「ガルパンはいいぞ」――『ガルパン劇場版』大ヒット御礼舞台挨拶

渕上さんがガルパンはいいぞ。 『ガルパン劇場版』大ヒット舞台挨拶

渕上さんがガルパンはいいぞ。 『ガルパン劇場版』大ヒット舞台挨拶

2015年11月21日に公開され、いまなお観客動員数を伸ばし続けている『ガールズ&パンツァー 劇場版』。公開から47日が経過した2016年1月6日には累計興行収入が8億円を突破し、さらに1月9日からは既存館に加えて35の劇場でも公開を開始します。1月末には沖縄での上映もスタートし、全国47都道府県での上映を実現します。

そんないまもっとも熱い劇場版『ガルパン』のイベント「大ヒット御礼&明けましておめでとうございます!舞台挨拶」が、1月8日に新宿バルト9にて行われました。イベントに登場したのは、西住みほ役の声優・渕上舞さんと、杉山潔プロデューサー。そして司会をバンダイビジュアル・廣岡祐次氏がつとめます。ガルパンのイベントではお馴染みの3人とあって、オープニングからアットホームな雰囲気でした。

登壇した渕上さんは、正月に福岡の実家に帰ったときのエピソードを紹介。弟に「ガルパンはいいぞ」と言われ、その言葉を知ったことを報告すると、超満員の観客は大爆笑。続いて杉山Pは「興行収入8億円と言われてもピンとこないですね。みなさんが“ガルパンはいいぞ”と言ってくださるので、本当にありがたいです」とファンに感謝の気持ちを伝えていました。

■渕上さんの疑問に制作スタッフが答えるコーナー

オープニングトークに続いて、「渕上舞が気になる! 劇場版10のコト」のコーナーが始まった。これは渕上さんが抱いている『ガルパン劇場版』についての疑問を、監督や制作スタッフたちの回答と共に発表するコーナー。かなり些細な疑問から、声優ならではのユニークな疑問など、合計10問の「Q&A」が発表されました。

【疑問1】
『ガルパン劇場版』の制作期間はどれくらいかかった?

【A】
・TV放送中に制作スタートしたので、約3年くらい(杉山P)

【疑問2】新キャラクターのキャスト選考はオーディション? 指名?

【A】
・指名だったのでオーディションはしていない。すでに30人以上のキャラがいたので、イメージや声質、芝居のかぶりなどが起こらないように決めた(杉山P)

【疑問3】
エンディングで西住みほと西住まほがなにか会話しているが、なにをしゃべっていたのか?

【A】
・みなさんのご想像にお任せします。ですが、久しぶりに一緒に試合が出来て楽しかったというような、きっとハートフルな会話をしているかも?(水島監督)
・あえて台詞を入れなかったのが、余韻を残すというか、いいシーンになったと思います(杉山P)

【疑問4】
『ガルパン』の世界のなかで「ボコ」の人気・知名度はどれくらい?

【A】
・昔に少しだけ流行したが、いまはかなり微妙な感じです。ちなみに人気が下火になった理由は、ある組織からクレームがあったから。お蔵入りになった映像もあるらしい。

【疑問5】
武部沙織の家族は『ガルパン劇場版』でも姿を表さなかったが、なぜ?

【A】
・武部沙織の家族は普通すぎて描写がなかった。つまり幸せな家庭なのでは?
・変わった家族しか出てこないので、普通の家族は埋もれてしまう(杉山P)

【疑問6】
島田愛里寿の年齡はいくつ?

【A】
・明確には決めていないが13歳前後。

【疑問7】
「BT-42」は履帯ナシで走るシーンがあったけど、他の戦車でも可能?

【A】
・「クリスティー式懸架装置」を採用している戦車だけ可能。ちなみにⅣ号戦車は履帯が外れたらリタイヤ(笑)。(杉山P)

【疑問8】
島田流がボコミュージアムのスポンサーになったが、戦車道の家元はお金持ちなの?

【A】
・う~んどうでしょう? 家元だからお金持ちというわけではないのでは? でも少なくとも島田家はお金持ちです。

【疑問9】
今回登場したライバル校のなかで一番の強豪校は?(黒森峰女学園を除く)

【A】
・全国大会的には「プラウダ高校」、「聖グロリアーナ女学院」、「サンダーズ大学付属高校」ですが、現状は「プラウダ高校」が一歩抜きん出ている。ちなみに「継続高校」もけっこう強いです。(水島監督)

【疑問10】
『ガルパン劇場版』は戦車戦が大迫力でしたが、一番制作に時間がかかったシーンはどこ?

【Q】
・とにかく大変だったのが、遊園地中央広場です。中央広場の会場を作って、遊具や周辺の設定をひとつひとつ作り、それらをすべてモデリングしながらテクスチャーを作り、バランスをみながら配置していきました。その上で、あのモーションをつけているので、とにかく莫大な手間暇がかかっています。ちなみに、ワンカットで大変だったのは、大洗チームの空撮からみほに至るカットです。あれは直前に「マチルダII」が2輛いることに気づき、ギリギリで修正が間に合ったカットです(アクタス・丸山氏)

どれも「なるほど!」と納得できるような回答。気になる読者は、ぜひもう一度劇場で確認してみてください。

■イベントのラストは2016年最初の「パンツァー・フォー」

イベントの最後は、渕上舞さんからファンに向けてメッセージが送られました。そしてイベントの締めくくりは『ガルパン』のイベントで恒例となっている「パンツァー・フォー」。2016年最初の「パンツァー・フォー」を場内全員で行い、イベントは閉幕しました。

渕上舞さん:『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、細かいところまで作り込まれているステキな作品です。「ひとりでも多くの方に観ていただきたい」というのが一番の気持ちです。作品の内容は、本当に楽しい作品です。私が実際に映画館で観て、音にビックリしました。私はお話を知っているはずなのに、一番最初の砲撃音を聞いたときに思わず「ビクッ」としてしまいました。劇場版はそれくらいの迫力です。そして、覚えたての言葉をさっそく使いますが「ガルパンはいいぞ」と(笑)。もっともっと『ガルパン』が世の中に広まってくれると嬉しいです。

>>『ガールズ&パンツァー』公式サイト
>>『ガールズ&パンツァー』公式Twitter

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択