ついにマキシマム ザ ホルモン×漫☆画太郎の映画コラボ実現!!! 伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(実写映画)のバトルソングにホルモンの 楽曲が決定!!!

ニュース
2016.1.14
マキシマムザ亮君

マキシマムザ亮君

1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、まさかの実写映画化!そして奇跡の映画コラボが実現した。

漫☆画太郎原作のギャグ漫画“珍遊記”が松山ケンイチ主演で実写映画化!という発表で既に世間はざわついてるが、本映画にマキシマム ザ ホルモンの楽曲がバトルソングとして使用されることが決定! マキシマム ザ ホルモンのアルバムジャケットイラストでおなじみの漫☆画太郎先生とのタッグがついに映画で実現!

使用される楽曲はなんとDVD「デカ対デカ」に同梱されているCD「耳噛じる 真打」から『アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>』と『ジョニー鉄パイプIII』の2曲!

昨年公開された“ドラゴンボールZ復活の「F」”に引き続きバトルソング起用という事で、彼らが「バトルソングの帝王」と呼ばれる日も近いだろう。

当時連載されていた他の漫画と比べて、ひときわ異彩を放っていた伝説のギャグ漫画の実写映画と、マキシマム ザ ホルモンの楽曲がどのように融合するのか!?お楽しみに!

 

<マキシマムザ亮君コメント>

うおおー!「珍遊記」実写映画化やべー!!

とにかく今回バトルシーンがすげえ!(まだ見てないけど)

飛び出る映像がど迫力でやばい!!

(まだ見てないし、そもそも3D上映あるかどうかしらねえけど)

そしてなんといっても感動のラスト15秒が泣ける!! (原作もどんな話か忘れてるし、見てないからそんなシーン

あるかどうかわからねえけど)

俺は小学校の卒業アルバムの文集のコーナーで珍遊記の主人公「山田太郎」のイラスト描いたほど、童貞の頃から

大好きなんだこの野郎!! 自分のバンドのCDのジャケイラストを漫☆画太郎に何回も描いてもらってるのに、ま

だ一回もお会いした事ねえぞ!ちくしょーー!!!

映画館で絶対観てやる!!

マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン/歌と6弦と弟)



ということで、かなり昔のタイトルから、漫☆画太郎のイラストを、アルバムのジャケットに使用しているマキシマム ザ ホルモンだけに、今回の起用は納得。更に作品の持つ世界観と曲の世界観がどのようにマッチングするのかも見ものだ。
 

「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」

2月27日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー!

<STORY>

天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(倉科カナ)は、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に天下の不良少年・山田太郎(ピエール瀧)を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎(松山ケンイチ)を引き取ることになり、何の因果か共に旅をする羽目に・・・果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか(いや、出来ない!)?

<CREDIT>

松山ケンイチ

倉科カナ 溝端淳平

田山涼成 笹野高史 温水洋一

ピエール瀧

監督:山口雄大

原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)

脚本:おおかわら/松原 秀

企画・総合プロデューサー:紙谷 零

オープニング曲(主題歌):RIP SLYME「Take It Easy」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)

エンディング曲:RIP SLYME「Drop!」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)

制作プロダクション:DLE

配給:東映

ⓒ漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会


 

 

【マキシマム ザ ホルモン​ プロフィール】

1998年八王子にて結成。日本語を独自の語感表現で操り、意味不明に見えて実は奥深いメッセージ性を持つ強烈な歌詞と、激しいラウドロックにPOPなメロディを融合させたサウンドスタイルが特徴で、マキシマムザ亮君 (歌と6弦と弟)、ダイスケはん (キャーキャーうるさい方)、上ちゃん (4弦)、ナヲ (ドラムと女声と姉)の4人からなるロックバンド。

2007年発売のアルバム「ぶっ生き返す」は累計40万枚超えのセールスを記録。

2008年発売の3枚組DVD「Deco Vs Deco〜デコ対デコ〜」はオリコン音楽DVDチャート1位を獲得し、音楽DVDとしては異例の15万枚を超えるセールスを叩き出す。国内の大型FESへ精力的に出演するばかりでなく、初の単独EURO TOUR(フランス、ドイツ、スペイン)では全公演をSOLD OUTさせるなど海外からも高い評価を得る。

2013年に発売した6年ぶりの5thフルアルバム「予襲復讐」がオリコンアルバムチャート3週連続1位を獲得。現在までに35万枚を超えるセールスを記録し2013年度タワーレコード邦楽年間ベストセラー1位、第6回CDショップ大賞2014の“大賞”に選ばれる。

2014年夏は国内大型FESへ多数出演し、アメリカで行われたSLIPKNOT主催のKNOTFEST USAへの出演、N.Yでの単独公演が大成功をおさめた。

2015年、ドラゴンボールの原作者鳥山明先生がホルモンの楽曲「F」を聴きインスパイアされて出来上がった映画『ドラゴンボールZ同年春に行われたツアー“『封印』~それでは皆さんマタニティ~”をもってナヲの妊活のためライブ活動を一時休止中。

2015年11月18日に発売された映像作品「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」ジャケットイラストが、米国イラストレーター協会シルバーメダルを受賞した。授賞式は、2016年1月8日(金)現地時間19:00からニューヨークで行われアートディレクションを手掛けたマキシマムザ亮君、イラストレーターYuko Shimizu氏と共に表彰を受けた。

【メンバー名】

マキシマムザ亮君 (歌と6弦と弟)

ダイスケはん (キャーキャーうるさい方)

上ちゃん (4弦)

ナヲ (ドラムと女声と姉)

 

シェア / 保存先を選択