LEGO BIG MORL 10周年のスタートを告げる楽曲をツアー会場&webサイト限定でリリースへ

SPICER
LEGO BIG MORL 撮影 Kei Masuda 

LEGO BIG MORL 撮影 Kei Masuda 

画像を全て表示(2件)

LEGO BIG MORLが、1月29日から始まるワンマンツアー『LEGO BIG MORL 10th anniversary tour Lovers, Birthday, Music』で、楽曲「end-end」をライブ会場とwebサイト限定でリリースすることを発表した。

この楽曲は2014年12月6日、渋谷TSUTAYA O-EASTにて行われた『YOU t OUR』最終公演での初披露以来、LEGO BIG MORLが各地のライブやイベントでファンとともに育ててきた重要な楽曲だ。昨年12月31日、横浜アリーナでのflumpool初のカウントダウンライブに出演したステージでもメンバーの強い希望により演奏され好評を博した。

「end-end」と名付けられたタイトルに、ファンは一瞬耳を疑うかもしれない。しかし、メンバーからのコメントによれば「始まりから終わりに向かうのではなく。何かが終わって、また何かが終わりに向かう」という、ポジティブな結論を同曲で表現しているようだ。決して多くない歌詞に紡がれた言葉は、限りある鼓動の表れなのかもしれない。

バンド結成日でもある3月28日に、赤坂BLITZで同ツアーはファイナルを迎えるが。その後も「end-end」の意味と同じく、ループするかのようにLEGO BIG MORL10周年記念プロジェクトは様々な形で展開していくという。

なお、同音源は「end-end」と「UNIVERSE Sta.」の2曲入りでリリース。3月28日からitunes他でも配信を開始することになっている。

 

LEGO BIG MORL タナカヒロキ (Gt.)コメント

2015年、一年間にわたりライブで新曲として演奏してきた大事な曲をやっと皆さんの元に届けることができます。
これまで生きること、死ぬこと、光と闇を描いてきた僕らですが、この『end-end』では
もし鼓動の数が初めから決められていたとしたら僕らはどう生きるだろう。
そんな想いを曲に落とし込めることができました。
絵本を読むように聴いてもらえたら幸いです。
始まりから終わりに向かうのではなく。
何かが終わって、また何かが終わりに向かう。

それはとても前向きで明るい意味と捉えたこの曲は『end-end』という絵本のような曲になりました。

イベント情報

LEGO BIG MORL 10th anniversary tour Lovers, Birthday, Music

1月29日(金)広島・セカンドクラッチ(旧ナミキジャンクション)
OPEN 18:30 / START 19:00
問い合わせ:夢番地(広島) 082-249-3571

1月31日(日)福岡・DRUM Be-1
OPEN 17:30 / START 18:00
問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159

2月11日(木・祝)大阪・umeda CLUB QUATTRO
OPEN 17:00 / START 18:00
問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888

2月13日(土)愛知・名古屋Electric Lady Land
OPEN 17:30 / START 18:00
問い合わせ:SUNDAY FOLK PROMOTION 052-320-9100

3月18(金)宮城・仙台MACANA
OPEN 18:30 / START 19:00
問い合わせ:チケットGIP 022-222-9999

3月21日(月・祝)北海道・札幌DUCE
OPEN 17:30 / START 18:00
問い合わせ:マウントアライブ 06-7732-8888

3月28日(月)東京・赤坂BLITZ
OPEN 18:30 / START 19:00
問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00~19:00)

スタンディング 3,500円 (税込・ドリンク代別・整理番号有り)

 

 

リリース情報

「end-end」



ライブ・イベント会場及びA-Smart 限定リリース
2016年1月29日発売
1,000円 (税込)/ 926円 (税抜)
AZNT-21
収録曲:  M1. end-end
             M2. UNIVERSE Sta.

A-Smart:http://www.asmart.jp/legobigmorl​

 

シェア / 保存先を選択