野村周平 「いい匂いのする」間宮祥太朗の胸で眠っていた 『ライチ☆光クラブ』初日舞台あいさつレポート

SPICER
『ライチ☆光クラブ』初日舞台あいさつ

『ライチ☆光クラブ』初日舞台あいさつ

画像を全て表示(2件)

2月13日、映画『ライチ☆光クラブ』が全国公開となり、キャストの野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音、そして内藤瑛亮監督ら11名が新宿バルト9で舞台挨拶を行った。

朝から渋谷、池袋、横浜と各地の劇場を回ってきた監督・キャストらは、最後の舞台挨拶に感無量の様子。主演の野村が「ようやく公開を迎えて、ここからスタートではあるのですが、寂しい気持ちでいっぱいです」と挨拶すると、古川は「おはよう、廃墟の恋人たちへ、薄汚い豚ども!」と自身が演じたゼラ風のセリフを放ち、詰めかけた観客を沸かせた。

イベントでは「中二病だと思う人」「第一印象と現場入り後でギャップがあった人」など、さまざまなテーマで、キャスト同士の撮影現場でのようすを“密告”するトークが繰り広げられた。
  
 「この人のこの演技はすごい、と思った人は?」とのテーマでは、 古川がニコ役の池田を挙げ、「非常に迫力のあるお芝居をしていまして、僕もついその迫力におされてアドリブで彼の手を踏みつける演技をしてしまいました」と告白。すると池田も「嬉しいです!青あざになりましたけど(笑)」と笑顔で緊張感のある現場のようすを語っていた。

 また、「第一印象と、現場に入った後で、ギャップがあった人は?」とのテーマでは、藤原が野村を挙げ、「口喧嘩しましたね(笑)野村くんに『その感じだと僕はカネダ役として君についていけない』って伝えました」とピリピリとした初対面時のエピソードを告白。しかし、続けて藤原は「でも、初日の撮影を終えて、ホテルで話したときに『自分はリーダーという柄じゃないから、不安だ』って心境を明かしてくれた時に、その言葉がすごく胸に響いて、彼についていこうと思いました」と、野村と絆を築いたきっかけも明かしている。

 「密告クラブ!この人の弱点をしっています!」とのテーマでは、 間宮が撮影後の飲み会での野村の逸話を暴露。「疲れていたのか僕の胸の上で寝てしまって、『いい匂いするね祥太朗』って言われて、本当に可愛かったです(笑)」と明かすと、野村は「カッコいい男の前で、理性が吹っ飛んでしまったんでしょうね」と認め、ほほえましいやりとりを告白していた。 

その後も現場での知られざるエピソードが数々明かされ、最後まで黄色い歓声が鳴りやまないままイベントは終了。『ライチ☆光クラブ』は幸先のいいスタートを切っている。

映画『ライチ☆光クラブ』は全国公開中

作品情報

ライチ☆光クラブ​

『ライチ☆光クラブ』  (C)2015『ライチ☆光クラブ』製作委員会

『ライチ☆光クラブ』 (C)2015『ライチ☆光クラブ』製作委員会


公開中

監督:内藤瑛亮
脚本:冨永圭祐、内藤瑛亮
原作:古屋兎丸「ライチ☆光クラブ」(太田出版)

出演:野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音

配給・宣伝:日活
制作:マーブルフィルム 


(C)2015『ライチ☆光クラブ』製作委員会
シェア / 保存先を選択