東京カルチャーカルチャーで話題となった『ジビエナイト』が今年も開催決定!!

SPICER

ここ数年急速にジビエブームが本格化してきた。ジビエとは「狩猟によって捕獲された鹿や猪などの野生鳥獣」を指すフランス語。JR 東日本のエキナカにあるそば処あすずみでは、千葉県産の猪の肉を使った「千葉県産猪そば」が限定販売され、ベックスコーヒーではジビエカレーが販売され、新宿伊勢丹では鹿肉の販売も行われるようになった。ジビエレストランも増加傾向にある。

今回の『ジビエナイト 2016冬 in お台場』では、オーベルジュ・エスポワールのオーナーシェフであり、日本ジビエ振興協議会代表である藤木徳彦氏監修のジビエ料理4品の試食に加え、藤木徳彦氏をはじめ、ジビエの専門家が語るトークショーも楽しむことができる。

ジビエのABCにはじまり、2月11日から13日に福岡で開催される第2回日本ジビエサミット2016で発表された最新ジビエ情報もまとめて紹介。ジビエJAPANの今と未来がわかるイベント内容となっている。

ジビエに合う美味しいワイン・ビールもあり。ぜひ、この機会に足を運んでみてはいかがだろうか。

<予定メニュー 4品>
・鹿肉 ソーセージ(長野県産・無添加)
・ジビエハンバーグとザワークラウトのビール煮(長野県・エスポワール製造)
・鹿肉スパイスシーカレー(長野県・JR東日本駅ナカのベッカーズで提供)
・赤ワイン香る 猪肉シチュー

 
イベント情報
日本ジビエ振興協議会 presents ジビエナイト 2016 冬 in お台場

日時:2016年2月25日(木)
会場:お台場・東京カルチャーカルチャー 

出演者:
藤木徳彦(オーベルジュ・エスポワールオーナーシェフ/日本ジビエ振興協議会代表) 
サントリーワインインターナショナル株式会社 日本リカー株式会社 キリンビールマーケティング株式会社・出演予定 
 
企画・司会:
テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー/日本ジビエ振興協議会顧問) 

藤木徳彦プロフィール
東京都生まれ。蓼科高原のオーベルジュで修行。
肉、魚、野菜の卸業を経験した後、98年「オーベルジュ・エスポワール」を オープン。オーナーシェフとして腕を振るう。「地産池消の仕事人」として全国各地で地域の魅力を発信するための助言を行っている。著書に「フレンチで味わう信州12か月」(信濃毎日出版社)「旨いぞ!シカ肉~捕獲、解体、販売、料理まで~」(農文協)がある。


 
シェア / 保存先を選択