稲盛財団が4800名を松山バレエ団「新・白鳥の湖」に無料招待 

 2月17日、公益財団法人稲盛財団が記者会見を行い、今夏、ロームシアター京都で開催される松山バレエ団「新・白鳥の湖」公演(8月16、17、18日)に、4800名を無料招待すると発表した。
(取材・文:菘あつこ 写真提供:稲盛財団)

 松山バレエ団のバレリーナたちによる「新・白鳥の湖」の魅力の一端を見せる美しいパフォーマンスでスタートした記者会見。会見には、稲盛和夫・稲盛財団理事長、金澤しのぶ・同財団副理事長とともに、松山バレエ団の清水哲太郎総代表、森下洋子・同団理事長・団長が出席。

 京セラやKDDIを設立、最近では日本航空(JAL)の会長に就任し、再建に尽力した稲盛和夫が、1984年に私財を投じて設立した稲盛財団。稲盛は今回の企画について、財団への30年の支援に感謝してのものとし、「毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰する国際賞・京都賞(先端科学部門、基礎科学部門、思想・芸術部門の3部門が設けられており、昨年2015年の思想・芸術部門の受賞者はハンブルク・バレエの芸術監督・振付家のジョン・ノイマイヤー)を行っているが、そういった世界的な学術賞だけでなく、多くの市民の方々に喜んでいただける企画をと、今回、松山バレエ団の清水さん、森下さんに相談させていただいた」と語った。清水哲太郎と森下洋子は共に、稲盛が主宰する盛和塾の塾生として学んでおり、懇意にしているのだという。

中央左から)清水哲太郎・松山バレエ団総代表、森下洋子・同団理事長・団長、稲盛和夫・稲盛財団理事長、金澤しのぶ・同財団副理事長

中央左から)清水哲太郎・松山バレエ団総代表、森下洋子・同団理事長・団長、稲盛和夫・稲盛財団理事長、金澤しのぶ・同財団副理事長

 「新・白鳥の湖」という演目を選んだことについて清水は、長く続いている古典=クラシックの底に流れているものはいつの時代も変わらない、人類を救うものとした上で、「そのなかでも『白鳥の湖』は代表格。今、世界中に紛争や混乱、多くの難民が溢れていますが、白鳥たちは、ある意味で難民と通じる。“真”、“善”、“美”という美しいものが、別の一派によって消されてしまう──深い意味を持った作品なので、今回の演目としてご提案させていただきました」と話した。

 また、森下は「こんな夢のようなお話をいただけたことは大変光栄です。京都の方々に喜んでいただけるものを創るために、毎日毎日コツコツとレッスンを積み重ね、心のお勉強もしながら、良い舞台にしたい。また、清水のいう“真”、“善”、“美”と同時に、逆の醜いものも人間は持っています。それを打ち消しながら、自分を磨いていきたい」と語った。

 1月にオープンしたばかりのロームシアター京都で行われるこの公演、記者会見もロームシアター京都で行われたのだが「バスで着くと、外観は昔踊らせていただいた京都会館そのままで、ワァと!」と懐かしがる森下、清水は幼い頃から父(清水正夫)に連れられてよく京都にお寺参りに来たこと、松山バレエ団のレパートリーに京都を描いた「祇園祭」という演目があることなど、この場所で公演を行う喜びも語った。

 松山バレエ団の「新・白鳥の湖」は1994年に初演された作品だが、その後、上演される度に、時代、時代に合わせた工夫やアレンジが行われている。今回も、また新たな“今”の時代の空気が感じられる「新・白鳥の湖」として、心を打つ舞台に仕上がりそうだ。


松山バレエ団
チャイコフスキー/新「白鳥の湖」 全幕

【出演】 森下洋子 松山バレエ団
【台本・演出・振付】 清水哲太郎
【指揮】 河合尚市【演奏】 大阪交響楽団
【日時】
2016 8.16[火]15:30〜18:15(開場14:45)
2016 8.17[水]14:00〜16:45(開場13:15)
2016 8.18[木]14:00〜16:45(開場13:15)
【会場】
ロームシアター京都メインホール [京都市左京区岡崎最勝寺町13]

 
★4,800名を無料招待
各日/ペアまたは一人 1,600名
【応募方法】
下記の必要事項を明記して、メール・はがき・FAXのいずれかで申し込む
※応募は小学生以上(小学生は保護者と応募。中学生以上は一人での応募も可能)
【必要事項】
招待を希望するそれぞれの氏名(ふりがな)、年齢(学年)、代表者の郵便番号、住所、電話番号、招待希望日(第1希望〜第3希望)
●申込先
・メール matsuyama-ballet@asahi-family.com
・はがき 〒530-8255(住所不要)アサヒ・ファミリー・ニュース社 「稲盛財団 バレエ招待」係
・FAX 06-6201-0636 ※「稲盛財団 バレエ招待」係と明記
【応募締切】
2016年5月31日(火)
※応募多数の場合は抽選

 


(ぶらあぼ + Danza inside 2016年2月号から)
WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択