中孝介 江戸期の空気を感じる東京国立博物館「応挙館」にて四季折々のライヴ開催

ニュース
2016.3.3
中孝介

中孝介

画像を全て表示(4件)

“地上で、最も優しい歌声”と称される、奄美大島出身・在住のボーカリスト中孝介(あたりこうすけ)が、東京国立博物館の庭園にある「応挙館」で5月14日(土)にコンサートを開催することが決定した。ポップス系のボーカリストがこの応挙館でコンサートを開催するのは初めて。

応挙館

応挙館

 
東京国立博物館の庭園にある応挙館は、もともと名古屋の明眼院という寺の書院を移築した建築物。建物内の襖などの障壁画は、その多くが江戸期を代表する画家=円山応挙によるもので、重要文化財に指定され、江戸期の空気を感じられる空間が残されている。(※現在は文化財保護のため、大日本印刷による高品質印刷の複製)

応挙館

応挙館

 
この豪華かつ稀有な空間において、中孝介と、純邦楽の伝統を世界に広めようとする箏奏者・黒澤有美の二人が、日本の四季と美、そして応挙にふさわしい江戸期の空気まで感じさせてくれるコンサートを企画。中孝介デビュー10周年にあたる2016年のプロジェクトの一環として、日本の四季の移り変わりに合わせて年4回、春夏秋冬に開催される予定だ。また、観客は50名あまりに限定し、非常に親密な空間での特別なコンサートとなる。

黒澤有美

黒澤有美

 
この公演で、中孝介は季節にちなんだオリジナルやカヴァー曲、江戸期から脈々と歌い継がれる奄美のシマ唄を披露する予定とのこと。黒澤有美も、江戸の空気を感じさせる箏の伝統曲に加え、自身の編曲で初挑戦となるヴィヴァルディの「四季」を順次季節ごとに披露していく予定だという。
 
なお、ゲストとして京橋にある画廊=加島美術代表の加島林衛(シゲヨシ)氏を迎え、扱われた応挙作品の解説や応挙館の障壁画の解説を交えたトークセッションも予定しており普段のコンサートでは体験できないスペシャルなイベントとなりそうだ。

 

イベント情報
応挙館・四季の美コンサートvol.1春の章
中孝介(うた)&黒澤有美(箏)
日時 : 2016年5月14日(土曜日)14時開演<本編1時間予定>
場所 : 上野・応挙館(東京国立博物館庭園内) チケット:税抜4,500円

 

 

リリース情報
シングル「目をとじても」
2015年11月11日 発売
ESCL-4544 ¥1,200(tax.in)
※NNHK「みんなのうた」2015年10月-11月放送曲
シェア / 保存先を選択