橋本環奈、初主演映画公開に緊張で眠れず!「ドキドキでした」

伝説的シリーズの最新作『セーラー服と機関銃 -卒業-』の初日舞台挨拶が3月5日に角川シネマ新宿で開催され、橋本環奈、長谷川博己、大野拓朗、宇野祥平、武田鉄矢、前田弘二監督が登壇。映画初主演を果たした橋本が「組長を演じさせていただいたんですが、昨日は緊張して全然、眠れずに。ドキドキしていました」と公開を前に緊張していたことを告白。「みなさんからの温かい拍手をいただいて、ホッとしましたし、落ち着きました」と輝くような笑顔を見せた。

長谷川は「新人の環奈ちゃんに、新人だからと容赦しちゃいけないなと思って。彼女はそれにすごく応えてくれて、日々、表情が変わっていく姿を目の前で見ることができて、とても楽しかった」と橋本の成長に立ち会えたことに感無量の面持ち。福岡出身の橋本とは同郷の武田も「映画に関する素晴らしいものを、橋本環奈に伝えたいという思いだった。彼女のよきスタートになることを心より祈っています」と親心のような思いを明かしていた。

またこの日は、橋本の両親から手紙が届く一幕も。まったくのサプライズとあって、橋本は「こういうのって教えてもらえるんじゃないんですか!?」と驚くことしきり。司会が「女優としていいスタートを切れたこと、本当によかったね。周りの人に感謝の心を持った優しい子でいてください。ずっと応援しています」といった心のこもった手紙を代読した。

橋本は瞳をうるませながらも「このお仕事を始めたいと言ったときも何も反対せず、一番応援してくれたのは両親だったし、この映画のこともすごく喜んでくれていた。本当にありがたいなと思います」と気丈に挨拶。

最後には、「皆さんと心血を注いで作り上げてきた」と大役への抜擢から、撮影、プロモーション活動と駆け抜けた期間をかみしめた橋本。「皆さんのおかげで女優というお仕事が大好きになりました」と笑顔を見せ、「星泉は卒業しますが、この作品で勉強させていただいたことを大切な糧として、これからも作品、役柄に向かって歩んで参りたいと思います」と力強く決意を表明。新たな女優の門出に会場からも大きな拍手が沸き起こっていた。

赤川次郎原作「セーラー服と機関銃」の続編を橋本環奈をヒロインに迎えて映画化した本作。普通の高校生としての生活を願いながらも、ヤクザの組長である自身の立場に悩み、成長していくヒロインの姿を描く。
 

【取材・文/成田おり枝】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択