Chanty 待望のツアー開幕!「胸ぐら掴んで引っぱり込むくらい楽しいライヴを届けたい」

レポート
音楽
2016.3.19
Chanty

Chanty

画像を全て表示(6件)

Chanty 『桜舞い散る木の下でキミが待ってるワンマンツアー』
2016.3.11 池袋EDGE

2016年3月11日、池袋EDGEにて、V系バンド・Chantyが待望の全国ツアー『桜舞い散る木の下でキミが待ってるワンマンツアー』をスタートした。 

本公演当日、開場した場内は、程好い緊張感に包まれながらも、彼らの登場を待つ来場者たちで賑わっていた。しかし、開演前に思わぬハプニングが発生。リハーサルでは、メンバー全員が今ツアー初お披露目となるSEが流れると同時にステージへ登場する予定であったが、タイミングを見誤り、ギターの千歳がフライング。そして、慌ててステージの袖に引き返すというお茶目な姿を披露し、場内の笑いを誘ったのであった。

その後、ヴォーカルの芥が「桜舞い散る木の下でキミが待ってるワンマンツアー、始めます」と呟くと、重低音が鳴り響き、会場の和やかムードは一変、彼らの代表曲「ALIVE」でステージは明転。すると、観客たちは次々と拳を突き上げ、ハイテンションな演奏に惹き込まれていく。芥は、この湧き上がる場内の歓声に応えるかのように「生まれ変わっても僕を許してくれるのかっ!」と煽り、エモーショナルな声でシャウトした。

芥 -akuta- (Vo.)

芥 -akuta- (Vo.)

ライヴ序盤、掴みは上々。変拍子が特徴的な「ソラヨミ」や「ひどいかお」など、独特の旋律で観客たちの鼓動を昂らせ、次いで奏でられたのは「絶対存在証明証」。そして、芥が「Chantyの世界へようこそ!」「せーのでイッちゃって!」とさらに煽ると、「君と罰」が流れ出し、猛々しいパフォーマンスに場内の歓喜はエスカレート。

ライヴ中盤、スローバラードのラインナップ。「誰」や「ダイアリー」、「とある星空の下」では、切ないメロディーラインに調和した歌声に感情移入し、目頭を熱くする観客もあり、会場全体が哀愁に酔い痴れた。

しばらくして、力強いギターのストロークをきっかけとして披露された曲は「交差点」。“進むことが未来へ繋がる勇気だ”というメッセージは観客たちの心に確かに響いていたようだ。

Shia. (Gt.)

Shia. (Gt.)

千歳 -chitose- (Gt.)

千歳 -chitose- (Gt.)

そして、このとき、芥は、「「交差点」はですね、Chantyの歌に登場する救われない主人公たちを救ってくれる曲になったなと思えてる。今日、ファンたちの前で歌えて本当に嬉しく思います」と言いながら一息つくと、アグレッシブなダンスロック「流星群」を披露。観客全員がタオルを振り回し、テンションは最高潮。連続して「いっせーの」や「ミスアンバランス」も披露され、皆が手を打ち鳴らし、彼の煽りに歓喜の歌が轟いた。

しかし、Chantyはまだ鳴り止まない。「ヤレるかいっ!」「かかってこいやー!」の振りに続き、「衝動的少女」や「やんなっちゃう」を披露すると、観客たちのボルテージは限界突破。

そして、この日よりライヴ会場及び通販限定で販売がスタートした新曲「貴方だけを壊して飾ってみたい」を堂々披露し、観客たちの瞳は輝いた。

野中拓 -taku- (Ba.)

野中拓 -taku- (Ba.)

成人 -naruto- (Dr.)

成人 -naruto- (Dr.)

ライヴ終盤、メンバー全員、真剣な眼差しで観客たちを見つめ、暫しの沈黙の後、次のように述べた。

「このワンマンツアー、(動員)数で言ってしまえば厳しいです。でも、そんなこと関係なく、会いに行けることをこんなにも楽しみにしていられるバンドは他にいないと思います。こんな自分勝手なことをやっている自分たちとみんなとで共有しあえることが嬉しくて。だからこそ、もっとおまえたちの仲間を増やせるように日本一周してきます。また力をつけて東京に戻ってきます。」

熱く語る芥のMCに頷くメンバー全員の表情からは“全国各地にファンを迎えに行く”という強い意志が伺えた。

そして最後、今ツアー成功を祈願するように「犬小屋より愛を込めて」や「赤い糸」を披露。このとき、最後まで場内に響き渡った“ラララ”の合唱はたくさんの愛に満ち溢れていた。

こうしてすべての演目が終わると、会場が暗転しても鳴り止まないアンコールの声。しばらくして、メンバー全員が決めポーズをしながら舞台へ再登場。

すると、芥が、「めっちゃ楽しい。とにかく見せつけたい。胸ぐら掴んで引っぱり込むくらい楽しいライヴを届けたい。それくらいChantyのライヴって楽しいんですよ」と言い放ち、「フライト」、「m.o.b.」の2曲をアンコール曲として披露した後、来場者たちに惜しまれながら、ツアー初日は無事、終了。彼らは初の全国ワンマンツアーとして幸先のいいスタートを切ったのであった。  

しかし、彼らはすでに次なる課題を見つけ、今ツアーを通して更なる飛躍を望んでいるようであった。そんな彼らには、ぜひとも全国各地へ多くの楽曲を届け、これからもファンとともに永遠に切れることのない赤い糸を紡いでいってほしい。

文=長澤智典

セットリスト
Chanty 『桜舞い散る木の下でキミが待ってるワンマンツアー』
2016.3.11 池袋EDGE

01. ALIVE
02. ソラヨミ
03. ひどいかお
04. 絶対存在証明証
05. 君と罰
06. 誰
07. ダイアリー
08. とある星空の下
09. 交差点
10. 流星群
11. いっせーの
12. ミスアンバランス
13. 衝動的少女
14. やんなっちゃう
15. 貴方だけを壊して飾ってみたい
16. 犬小屋より愛を込めて
17. 赤い糸
[
Encore]
18. フライト
19. m.o.b.

 

ライヴ情報
『桜舞い散る木の下でキミが待ってるワンマンツアー』
 2016.3.11(金) 池袋EDGE
 2016.3.18(金) 岡山IMAGE
 2016.3.20(日) 福岡queblick
 2016.3.21(月祝) 熊本Be9V-2
 2016.3.26(土) 仙台MACANA 『~成人生誕祭~』
 2016.3.27(日) 宇都宮KENT
 2016.4.01(金) 新潟GOLDEN PIGS BLACKSTAGE
 2016.4.03(日) 長野LIVEHOUSEJ
 2016.4.09(土) 札幌COLONY
 2016.4.10(日) 札幌COLONY
 2016.4.15(金) 横浜BAYSIS
 2016.4.16(土) 西川口HEARTS
 2016.4.20(水) 稲毛K'SDREAM 『~千歳生誕祭~』
 2016.4.22(金) 名古屋ell.FITSALL
 2016.4.23(土) 大阪RUIDO
 2016.4.29(金祝) TOKYO FMホール 『~芥生誕祭~』

 ※チケット一般発売中⇒詳細はコチラ

『メンバー生誕祭』
 2016.5.17(火) 松坂M'AXA ~野中拓生誕祭~
 2016.8.29(
月) 広島セカンド・クラッチ ~shia.生誕祭~

 

リリース情報

ライヴ会場&通販限定『貴方だけを壊して飾ってみたい』
2016.3.11 Release

 《価格》 1,000円 (税別)
 《収録曲》 貴方だけを壊して飾ってみたい
 《封入特典》 メンバーのオリジナルボイスが聴けるVカード(全5種)ランダム封入
  ※
恋愛ゲーム「貴方日記~ユーフォリア~」とのタイアップアイテム

シェア / 保存先を選択