かぐや姫からダ・ヴィンチ、チームラボまで 人類が描き出してきた宇宙を見直す「宇宙と芸術展」が森美術館で開催

SPICER
「宇宙と芸術展」

「宇宙と芸術展」

画像を全て表示(6件)

2016年7月30日(土)から2017年1月9日(月・祝)まで、森美術館にて「宇宙と芸術展」が開催される。

本展では、古今東西の「宇宙」に関する出展物約150点を一挙公開する。隕石や化石、ダ・ヴィンチや、ガリレオ・ガリレイ等の歴史的な天文学資料、曼荼羅や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」、そして現代アーティストによるインスタレーションや、宇宙開発の最前線に至るまで、あらゆる年代・領域からみた「宇宙」を通覧することができる。

展覧会は「人は宇宙をどう見てきたか?」、「宇宙という時空間」、「新しい生命観―宇宙人はいるのか?」、「宇宙旅行と人間の未来」の4つのセクションで構成されており、未来に向かっての新たな宇宙観、人間観を提示することを試みている。

古来より、信仰と研究の対象として、世界各地の芸術の中で表現され、多くの物語を生み出してきた宇宙。人類を惹きつけてやまないその無限の魅力を感じ取れる展覧会となるはずだ。

 

■展覧会の構成
【SECTION 1】人は宇宙をどう見てきたか?

人間が宇宙をどのように見てきたかという歴史的な宇宙観の一端を、東西の神話・宗教美術作品や貴重な天文学資料等を通して紹介する。

 

【SECTION 2】宇宙という時空間

星さえも吸い込むブラックホール、今眺めている星の光が何億光年も彼方から放たれている事実、11次元あるといわれる宇宙空間の不思議、さらに私たちの時空認識を刷新した天体観測技術の驚くべき進歩等が、現代美術の作品等によって表現される。

 

【SECTION 3】新しい生命観-宇宙人はいるのか?

隕石・化石等の人間史を超えた地球史を起点として、人間が想像してきた宇宙人像、更には最先端の遺伝子工学やA.I.技術等について言及する作品を紹介。

 

【SECTION 4】宇宙旅行と人間の未来

宇宙旅行時代の到来間近の今、これから人間と宇宙がどのような関係を持ち、人間の生き方はどう変わっていくのかという問題について、アーティストのビジョンを紹介し、未来の人間の生き方について描きだす。また、米ソの宇宙開発の歴史やJAXAの芸術プロジェクト、HAKUTO、マーズ・アイス・ハウス等、現代の宇宙開発の最前線を提示する。

 
 
イベント情報
宇宙と芸術展

日時:2016年7月30日(土) - 2017年1月9日(月・祝)
会場:森美術館 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
開館時間:10:00-22:00|火|10:00-17:00
※いずれも入館時間は閉館時間の30分前まで ※会期中無休
入館料:未定
一般のお問い合わせ:Tel:03-5777-8600(ハローダイヤル)
森美術館ウェブサイト:www.mori.art.museum

 

シェア / 保存先を選択