本広克行、岩井秀人が参加 人気アニメ「フリクリ」の続編が制作決定

ニュース
2016.3.30

株式会社プロダクション・アイジーが、米カートゥーンネットワーク社との共同制作でアニメ「フリクリ」の続編を制作することを発表した。

本作は、「エヴァンゲリオン」などに携わった鶴巻和哉の初監督作品として、2000から01年にかけてOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)として発売されたアニメシリーズ。とある地方都市の平凡な小学生・ナオ太のもとにやって来た、自称“宇宙人”の女・ハル子が巻き起こす騒動を描いたもので、ユニークな映像表現で多くのファンから支持を集めた。

続編は、鶴巻がスーパーバイザーを務めるほか、本広克行が総監督、貞本義行(新世紀エヴァンゲリオン)がキャラクター原案を担当する。「ハイバイ」の岩井秀人が参加することも決まった。

アメリカでは、17年末または18年初頭に、カートゥーンネットワークAdult Swim内「Toonami」枠で放送予定。

演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択