相馬千秋がフランス芸術文化勲章を受賞

ニュース
2016.4.1
フランス大使館のHPより(SPICE責任による画像掲載)

フランス大使館のHPより(SPICE責任による画像掲載)

芸術公社の代表理事で、フェスティバル/トーキョー(F/T)初代プログラム・ディレクターの相馬千秋氏が、フランスの芸術文化勲章を受章した。16日に在日フランス大使館で、クレール・テュオーデ文化参事官からシュヴァリエ章(フランスの勲章階級の1つ)を叙された。

関連リンク⇒ 相馬千秋氏が芸術文化勲章を受章|在日フランス大使館

在日フランス大使館は今回の受賞理由を、「相馬氏はフェスティバル/トーキョー(F/T)の国際化と国際的知名度向上に大きな役割を果たしました。同氏は演劇とコンテンポラリーダンスがあらゆる面で十分な地位を得ていない状況にありながら、F/Tを5年で日本で最も重要な演劇祭の一つに押し上げました。その取り組みの中で、フランス人アーティストを迷うことなくF/Tに招へいしました。(中略)同氏はフランスとフランス人アーティストにとって、パートナーであると同時に貴重な橋渡し役です」とホームページ上で掲載している。

【あわせて読みたい!】
◇「NPO法人芸術公社」設立記念シンポジウム・レポート(15.02/02「制作ニュース」)

【こちらもチェック!】
◇ 相馬千秋より答礼の挨拶ほか|芸術公社

相馬千秋がフランス芸術文化勲章を受賞制作ニュースで公開された投稿です。

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択