下北沢のコロッケフェスに101種類のコロッケが登場!

ニュース
2016.4.10


4月13日(水)~24日(日)の期間中、下北沢の飲食店101店舗で「黒烏龍茶×コロッケ 下北沢 https://croquette.love-shimokitazawa.jp/」が開催される。

■ アボカドやカニ入りからブルーチーズまで!

「コロッケ」をテーマにした店オリジナルのコロッケ料理を、各店で味わえるフードフェスティバル。定番のじゃがいもコロッケはもちろん、アボカドがそのまま入るコロッケから中華風まで、101種類の多彩な料理が提供される。さらに、参加店でコロッケを注文するとサントリー黒烏龍茶が無料でもらえる特典も。※1人1日1本まで

実行委員長の金子健太郎さんは「下北沢には個性豊かで魅力的な飲食店がたくさんあります。その飲食店が吟味した食材を使って、独自の調理法で作ったコロッケを提供するという、こんなおいしいイベントはほかにはありません。春の暖かな日差しの中、コロッケ片手に街歩きを楽しんでください」と笑顔で話す。

■ インパクト大のアボカドコロッケ

アボカド料理専門店の「AVOCADO下北沢店」からは、アボカドが半分入った「アボコロプレート」が登場。女性にうれしいヘルシーなコロッケ料理を楽しめる。

■ カニ入り贅沢コロッケ

色鮮やかなコロッケ「ずわい蟹とほうれん草のクリームコロッケ」は、和とフレンチの店「いちねん」の人気メニュー。ズワイガニの風味とクリーミーなソースが相性抜群の逸品だ。

■ 大人の味のコロッケバーガー

ビアパブ「gastropub GOZO」は、ボリューム満点の「かぼちゃとブルーチーズのコロッケバーガー」を販売する。カボチャとブルーチーズのコロッケの組み合わせは、ビールが進む大人テイストの味だ。

コロッケをきっかけにしたグルメフェスで、下北沢の新たな魅力を発見してみよう。【東京ウォーカー】

Walkerplus
シェア / 保存先を選択