斎藤工、柄本佑、小西康陽、松江哲明が選ぶ20本超の映画を一挙上映

特集上映『開館10周年記念特集II シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち』が、5月21日から東京・シネマヴェーラ渋谷で開催される。

シネマヴェーラ渋谷の開館10周年を記念する同イベント。斎藤工、柄本佑、小西康陽、松江哲明をセレクターに迎え、それぞれが設定したテーマや作品の組み合わせのもとで各6、7本の作品を上映する。

「斎藤工セレクション」では渋谷実監督『現代人』と加藤泰監督『江戸川乱歩の陰獣』、内田吐夢監督『血槍富士』と工藤栄一監督『十一人の侍』、鈴木清順監督『東京流れ者』と市川崑監督『股旅』をそれぞれ2本立てで上映。斎藤は作品のラインナップについて「劇場で観るべき邦画の傑作の数々、絶やしてはならない宝の様な作品達の中から何を選ぶべきか、家族会議もしました。これが私の答えです」とコメントしている。また斎藤の監督作『半分ノ世界』のディレクターズカット版も上映される。

柄本は「どうしようもなく『映画』。」というテーマでジャン・ルノワール監督の『フレンチ・カンカン』と小沼勝監督の『NAGISA なぎさ』、「変ナ冒険。」をテーマにダニエル・シュミット監督の『ベレジーナ』と古厩智之監督の『この窓は君のもの』、「過激ナ青春。」をテーマに相米慎二監督の『ションベン・ライダー』、山本寛監督の『私の優しくない先輩』をセレクト。

小西は「若くて美しい顔の娘と、ふしあわせそうな男の物語」をテーマに据え、『七人の刑事 終着駅の女』『四畳半物語 娼婦しの』『囁きのジョー』『砂の香り』『ブラック・コメディ ああ!馬鹿』『哀しみのベラドンナ』の6作品を選出している。

「松江哲明セレクション」では、松江が「音楽と映画の力」をテーマに選んだ『ライブテープ』『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』、「僕が大きな影響を受けた90年代の邦画」をテーマにした『死んでもいい』『RAMPO インターナショナル・ヴァージョン』、「男子映画」をテーマにセレクトした『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』『中学生日記』『あんにょんキムチ』が上映される。

なお5月21日に斎藤と倉本美津留、5月28日に柄本と宇野祥平、6月4日に小西と遠藤倫子、6月11日に松江と山下敦弘のトークが開催。斎藤のトークのみ参加には前売券の購入が必要となり、5月7日11:00から販売される。トークの詳細や各作品の上映スケジュールはシネマヴェーラ渋谷のオフィシャルサイトをチェックしよう。同サイトには各セレクターが上映作品に寄せたコメントも掲載されている。

イベント情報

『開館10周年記念特集II シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち』

斎藤工セレクション
2016年5月21日(土)~5月27日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『現代人』(監督:渋谷実)
『江戸川乱歩の陰獣』(監督:加藤泰)
『血槍富士』(監督:内田吐夢)
『十一人の侍』(監督:工藤栄一)
『東京流れ者』(監督:鈴木清順)
『股旅』(監督:市川崑)

柄本佑セレクション
2016年5月28日(土)~6月3日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『フレンチ・カンカン』(監督:ジャン・ルノワール)
『NAGISA なぎさ』(監督:小沼勝)
『ベレジーナ』(監督:ダニエル・シュミット)
『この窓は君のもの』(監督:古厩智之)
『ションベン・ライダー』(監督:相米慎二)
『私の優しくない先輩』(監督:山本寛)

小西康陽セレクション
2016年6月4日(土)~6月10日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『七人の刑事 終着駅の女』(監督:若杉光夫)
『四畳半物語 娼婦しの』(監督:成沢昌茂)
『囁きのジョー』(監督:斎藤耕一)
『砂の香り』(監督:岩内克己)
『ブラック・コメディ ああ!馬鹿』(監督:須川栄三)
『哀しみのベラドンナ』(監督:山本暎一)

松江哲明セレクション
2016年6月11日(土)~6月17日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『ライブテープ』(監督:松江哲明)
『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』(監督:須田裕美子、芝山努)
『死んでもいい』(監督:石井隆)
『RAMPO インターナショナル・ヴァージョン』(監督:奥山和由)
『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』(監督:ジョニー・トー)
『中学生日記』(監督:山下敦弘)
『あんにょんキムチ』(監督:松江哲明)

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択