亀梨和也×土屋太鳳が夫婦役、警官とJKの結婚を描く『PとJK』映画化

ニュース
2016.5.7
 ©三次マキ/講談社

©三次マキ/講談社

三次マキの漫画『PとJK』が実写映画化。2017年春に全国で公開される。

『別冊フレンド』で連載されている『PとJK』は、高校1年生の歌子と、彼女が大学生のふりをして参加した合コンで出会う年上の警察官・功太の恋愛模様を描いた作品。警察官という立場上、功太が女子高生と付き合うことができないことから、唯一の解決策として結婚することにした2人が、様々な困難に立ち向かいながら周囲に秘密で夫婦生活を送るというあらすじた。

高校生の歌子と一緒にいるためにプロポーズをする功太役を演じるのは亀梨和也。功太を一途に想うヒロイン・歌子役を亀梨とは初共演の土屋太鳳が演じる。メガホンを取るのは『オオカミ少女と黒王子』『ストロボ・エッジ』『さよなら歌舞伎町』などの廣木隆一。撮影は6月にクランクインし、7月にクランクアップを予定している。

亀梨和也のコメント

原作が人気コミックなので、原作ファンが持っているイメージをどう表現していくか、夢のような話にどうリアリティを持たせるか、これから廣木監督をはじめスタッフの皆さんと細かく作戦会議をして作り上げていきたいと思います。土屋太鳳さんとは初共演ですが、すごく才能のある女優さんだと思うので、自分より若い世代からの刺激を受けるのが楽しみです。初めての恋愛映画ですが、あまり意識し過ぎることなく、この世界観にどっぷりとはまりたいと思います。

土屋太鳳のコメント

私は今、とても緊張しています。原作がとても魅力的だということ、そしてその世界を創り出す映像の中で大先輩である亀梨和也さんと御一緒し、歌子として存在するということ。ものすごく嬉しい気持ちと同時に、ものすごく大きな責任を感じます。でもだからこそ、歌子として生きる心に、全力で集中しようと思います。

廣木隆一監督のコメント

少女コミックは映画の一つのジャンルとして確立されたように思う。
その中で埋もれないような作品にしたいと思うし、主人公の二人の演技にも興味があり、観客の心に響く作品にしたいと思います。

三次マキのコメント

映画化のお話をいただき、漫画家としてたいへん嬉しく思っています。亀梨さんと土屋さんという、とても豪華なキャスティングで、夢でも見ているような気分です。そして、私事ですが、うちの娘は生後4ヶ月の頃から亀梨さんがTVに映ると泣き止むという『生粋の亀梨ファン』なので、母としても嬉しいです。娘と一緒に完成した映画を観るのを楽しみにしています。

作品情報

『PとJK』

2017年春に全国公開

監督:廣木隆一
脚本:吉川菜美
原作:三次マキ『PとJK』(講談社)
出演:
亀梨和也
土屋太鳳
配給:松竹

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択