【5/14付最新Billboardチャート】 最強コンビふたたび!リアーナ×カルヴィン・ハリス初登場、ドレイク自身初No.1獲得!

コラム
動画
2016.5.13

先月のCoachellaで見せたコラボレーションは、今となってはこの布石だったとしか思えない。

このほど解禁されたCalvin Harrisの新曲のフィーチャリング・アーティストはみんなが大好き・Rihannaだった。2011年にリリースされた「We Found Love」でのコラボレーションも記憶に新しく、この楽曲は10週1位を獲得し世界的に大成功を収めた。

▲日本でもラジオで聴かない日は無かった、We Found Love


前述のとおり先月のCoachellaの最終日のトリをつとめたCalvin HarrisのステージにRihannaが登場し、この「We Found Love」を披露し大いに沸かせたわけだが、それは新曲での再コラボレーションを示唆するものだったとしかもはや思えない。
いずれにしても安定のCalvin節、初登場9位からどうアクションを見せていくのか、今後も目が離せない。

▲待望の再コラボ作・This Is What You Came For

 

そしてNo.1はDrake ft. WizKid&Kylaの「One Dance」。
チャートの常連のイメージがあるDrakeだが、意外や意外、Drake名義では初のHOT100 1位獲得となった。これまでにフィーチャリング・アーティストとして「What's My Name?」そして今年のヒット曲「Work」の2曲で1位を獲得しているが、いずれもRihanna名義の楽曲となっている。
Drakeは同週、新作「Views」でアルバム・チャートでも初登場1位を獲得している。

▲One Dance
 

7位にはThe Chainsmokers「Don't Let Me Down」がチャートアップ。
NYで活動する二人組EDMユニットであるThe Chainsmokersは、2014年に「#SELFIE」という時代背景を象徴する曲をヒットさせている。

▲Don't Let Me Down
 
▲歌詞がリアル過ぎると話題になった#SELFIE
 

その他チャートは以下の通り。

Billboard HOT100(5/21付)

1「One Dance」 / Drake Featuring WizKid & Kyla
2「Panda」 / Desiigner
3「7 Years」 / Lukas Graham
4「I Took A Pill In Ibiza」 / Mike Posner
5「Work From Home」 / Fifth Harmony Featuring Ty Dolla $ign
6「Work」 / Rihanna Featuring Drake
7「Don't Let Me Down」 / The Chainsmokers Featuring Daya
8「Pillowtalk」 / Zayn
9「This Is What You Came For」 / Calvin Harris Featuring Rihanna
10「Love Yourself」 / Justin Bieber

シェア / 保存先を選択