美空ひばり、未発表音源含む「さくらの唄」誕生日にCDリリース

ニュース
2016.5.21
左からなかにし礼、美空ひばり、三木たかし。

左からなかにし礼、美空ひばり、三木たかし。

美空ひばりの「さくらの唄」がCD化され、彼女の誕生日である5月29日にリリースされることが決定した。

「さくらの唄」はなかにし礼が作詞、三木たかしが作曲と歌唱を担当し1970年にシングルレコードとして発表されたナンバー。その後、当時TBSのドラマのプロデューサーだった久世光彦が楽曲にほれ込み、この楽曲のドラマ化を企画。主題歌として美空にカバーを依頼し、彼女の歌う「さくらの唄」は1976年7月にシングルレコードとしてリリースされた。

今年2月に本作の担当プロデューサーがマスターテープなどを確認したところ、既に発表されている「さくらの唄」とは別バージョンの未発表音源を発見。別バージョンは美空がギター伴奏のみで歌唱するものとカラオケ音源で、今回リリースされるシングルにはこの2つのバージョンが収録されている。CD発売に際し、なかにしは「この曲は借金を返しても返しても大変で、疲れ果てたときに書いた遺言のような歌。死を恐れつつも死に憧れた唄。とても暗い歌だけに、この曲がシングルとして発売されることは素直に嬉しい。ひばりのレコーディングに立ち会ったとき、ひばりは本当にうまかった。三木は泣いて歌っていたが、ひばりはにっこり笑いながら歌う。慈愛の笑みで。そのほうがよく伝わった」とコメントしている。

なお5月29日に行われる「第79回 美空ひばり 生誕祭」は、例年イベントを実施してきた東京・日比谷公会堂の改修のため、今年は東京・浅草公会堂にて開催される。

美空ひばり「さくらの唄」収録曲

01. さくらの唄(ギター・バージョン)
02. われとわが身を眠らす子守唄
03. さくらの唄(オリジナル・バージョン)
04. さくらの唄(ギター・バージョン) オリジナル・カラオケ
05. われとわが身を眠らす子守唄 オリジナル・カラオケ

第79回 美空ひばり 生誕祭

2016年5月29日(日)東京都 浅草公会堂

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択