Q'ulle シングル発売記念ライヴレポート 2ndアルバムのリリースも発表

レポート
2016.5.23
Q'ulle

Q'ulle

画像を全て表示(7件)

甘く冷たいバニラアイスと、苦く熱いエスプレッソを取り合わせたアフォガード。あの魅惑的でやみつきになりそうな味わいは、対局のものが交錯することで生まれるケミストリーに基因するはずだ。“Cute”なだけでなく、“Cool”でもありたい。そんな思いがユニット名に込められているというQ'ulleは、まさに対局の要素を内包しながら成長し続けている、五人組ガールズダンス・ロックアーティストとなる。 

「今日は、わたしたちにとって5枚目のニューシングル『ALIVE/再生論』のリリースを記念する、とっても特別なライヴなんですよ。せっかくなので、最高の1日にしたいんです!皆も暴れたいんでしょ? 最後まで、着いてきてくれますか!!」(いとくとら)

Q'ulle・いとくとら

Q'ulle・いとくとら

さすがは自らをダンス・ロックアーティストと標榜するだけあって、Q'ulleのステージングはなにしろダイナミックで、むやみやたらにカッコ良い。普通に一見すれば可憐で愛嬌のある女性たちではあるのだが、それでいてQ'ulleの5人はいざ音楽に身を任せだすと豹変してしまうのだ。

まずは、この夜のライヴの口火を切ったオープニング曲「MONSTER」からして、彼女たちはダイナミック&男前なキックアクションを取り入れたパフォーマンスを展開してみせ、アグレッシヴで刺激的なサウンドを文字通りに“体現”していくことに。そればかりか、Q'ulleには単なるエンターテイナーという枠にはおさまりきらない、ある種の啓蒙者的な側面も備わっていたりするから、これがなおさら面白い。 

たとえば、いわゆるボカロシーンにおいて圧倒的な存在感を誇っている鬱Pが作曲し、これまでもQ'ulleの作品に携わってきたDECO*27が作詞を手掛けている「再生論」。この曲を表現するときの彼女たちは、シリアスにして鋭利なサウンドと、人生における理想と再生の意義を問うディープでいて軽妙でもある歌詞世界を、適確にとらえながらそれをわたしたちへと伝えてくれる。 

Q'ulle・やっこ

Q'ulle・やっこ

かと思えば、西野カナの「トリセツ」に携わったクリエイターとして名を馳せる板井直樹と、DECO*27がコラボして制作されたというEDMテイストの強いカラフルでアッパーな「ALIVE」では、最新型のデジタルサウンドを背景にしながら、彼女たちはたった一度きりの人生をいかに生きるのか、という人間誰しもに通ずるメッセージを豪速の直球でズドン、と我々に投げ掛けてくるのだ。

「わたしたち、ファーストシングルを出したのが2015年なんですよ。そこから1年ちょっとで、もう5枚目なんて! 凄くない? だからわたし今、かなり感動してる(笑)。本当にみんな、ありがとう!」(やっこ) 

「ただね。曲数が増えたのは嬉しいけど、ツアーを廻る時に削らなきゃいけない曲が出てくるのが、なんかつらいよね(苦笑)。最初の頃は、逆にライヴでやる曲が足りなくて増やしたりとかしてたのに」(ゆずき)

Q'ulle・ゆずき

Q'ulle・ゆずき

要するに、たった1年の間にQ'ulleは多くのものを手にしてきたことになのだろう。「そしてですね。なんと、ちょうど今日から5ヶ月後にはZeppDivercityでツアーファイナルが行われることになっています。10月15日のまさにこの時間、わたしたちと皆さんは絶対にZeppDivercityにいるはずなんですよ(笑)。(中略)正直なことを言うと、まだあんまり実感はなかったりするんですが、わたしたちメンバー5人と、スタッフさん、バックバンド、それから今日この会場にいる皆さんや、全国や海外でいつも応援をしてくれている方たち皆と一緒に、ZeppDivercityでのライヴを楽しみたいと思っていますし、それは絶対に成功するものと信じています。もちろん、そこから先のもっともっと上に向かってもQ'ulleは駆け上がっていきます! 皆と一緒に、希望のステージへ。聴いてください、「HOPE」」(まなこ)

Q'ulle・まなこ

Q'ulle・まなこ

未来への祈りと、そこに向かう為の強い決心が綴られたこの「HOPE」は、Q'ulleのこれからに繋がっていくとみて、まず間違いない。尖ったロックチューンのみならず、温かで真摯な楽曲までをも武器にできる彼女たちは、ちょっとズルいくらいにも思える(笑)。 

ちなみに、この夜のライヴではアンコールにて重大発表が行なわれる一幕も。まずは、アジアツアーの追加公演として長野でのライヴが決まったとの報告があり、さらに…… 「遂に! セカンドアルバムの発売が決定しました!!」(ゆずき) 「どんな曲が入るのかは、お楽しみ?っていう感じですね(笑)」(いとくとら) 「まだ、わたしたちも詳しくはわかってないし!(笑)」(まぁむ)

Q'ulle・まぁむ

Q'ulle・まぁむ

というわけで。現在進行中の『アジアツアー2016 ~the other side of HOPE~』が、Q'ulleにとって史上最大キャパであるZeppDivercityにて10月15日に終わったその直後にあたる、10月19日に待望のセカンドアルバムが世に放たれるとのこと。

そういえば、Q'ulleというユニット名には当記事の冒頭で触れた意味合いのほかに、フランス語でwhatに相当するQuelleという言葉もオーバーラップしているらしい。つまり、Q'ulleがこれから一体何をしでかし、一体何を世に向けてぶちまけてくれるのか。わたしたちが楽しみにすべき点は、きっとそのあたりに集約されている。


レポート・文=杉江由紀 撮影=菊池貴裕

Q'ulle

Q'ulle


 
セットリスト
Q'ulle 5th single「ALIVE/再生論」発売記念リリースイベント 2016.5.15 渋谷eggman
 
01. MONSTER
02. 再生論
03. UNREAL
04. Deep Drive
05. NOT
06. ALIVE
07. Chain
08. DoloDolo
09. HOPE
10. MCOT
11. Reason
12. ONI
13. HEARTBEAT
[ENCORE]
14. Five
15. GO!!!
16. P

 

リリース情報
5th single「ALIVE/再生論」
2016/5/18 release

通常版(CD)
本体価格 ¥1,000(税抜)/ QULE-006
01. ALIVE
02. 再生論
03. ALIVE(inst ver.)
04. 再生論(inst ver.)

初回限定盤(CD+DVD)
本体価格 ¥1,800(税抜)/ QULE-006D
CD
01. ALIVE
02. 再生論
03. GO!!!(c) 2004 by TV TOKYO Music, Inc.
04. ALIVE(inst ver.)
05. 再生論(inst ver.)
DVD
01.ALIVE(MV)
02.再生論(踊ってみた)
シェア / 保存先を選択