今井雅之さん生前最期のメッセージ映像を公開初日に上映 映画『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』

ニュース
2016.5.25
 Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

画像を全て表示(5件)

5月28日より公開される映画『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』の初日舞台あいさつで、昨年死去した俳優・今井雅之さんの生前最期のメッセージ映像が上映されることが決まった。
 

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会


映画『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』は、今井さんが原作・脚本・主演を務めた同名舞台を映画化したもの。今井さんの遺志を引き継いだ奈良橋監督が総指揮を執り、主演の川平慈英のほか、七海、すみれ、板尾創路、LiLiCoら今井さんにゆかりのあるキャストが集結している。そのほか、藤田朋子、中居正広(友情出演)、別所哲也らもゲスト出演している。
 

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会

 

今井さんは当初、自らの企画・原作・脚本・主演で撮影に臨んだが、作品のクランクアップを待たずして多くの人に惜しまれながら53歳の若さでこの世を去った。公開初日に合わせて初公開される映像は、今井さんが唯一参加したシーンの撮影現場で、夫人が撮影した貴重な最期のメッセージとのこと。なお、映像はメイン館であるお台場シネマメディアージュでの舞台挨拶中でのみ上映される。舞台挨拶には、主演の川平、すみれ、七海、別所、そして奈良橋監督が登壇予定だ。

映画『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』は、5月28日(土)お台場シネマメ ディアージュ他全国順次ロードショー
 

イベント情報
映画『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』​初日舞台あいさつ

日程:5月28日(土)

会場:お台場シネマメディアージュ(東京都港区台場1−7−1)

登壇者(予定):川平慈英 すみれ 七海  別所哲也/奈良橋陽子監督/MC:陣内智則

※登壇者は当日余儀なく変更になる可能性あり 

 

作品情報
映画『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』
(2016/107分/日本)

出演:川平慈英 すみれ 七海 岡安泰樹 吉田 敦 勝矢 LiLiCo
藤田朋子 別所 哲也 中居 正広(友情出演) 板尾創路 ほか
監督:奈良橋陽子『終戦のエンペラー』
企画/脚本:今井 雅之

​配給:KATSU-do

【ストーリー】
主人公は軽度の知的障害のある男性、真人(川平慈英)。中学で特殊学級に入った真人は、ばかにされたりいじめられたりしながらも、同じ障害のある女性、咲楽(七海)と出会い、ぎこちない愛情表現を交わしながら、やがて結婚する。 しかし、真人は咲楽を守るため、罪を犯してしまう。咲楽との約束だった新婚旅行を思い起こすように、真人は伊勢神宮へ1人で車を運転して出かける。 そこにヒッチハイクで出会った、1人の女性、麗子(すみれ)が乗り込んできた。 彼女は車の中で真人に、「神とは?歴史とは?人間とは?」と問いかける。 麗子に咲楽の影を見出していく真人。そして、数奇な運命をたどる真人の人生が回想されていくうちに、咲楽がかつて残した「エッチと銭の間にあるものってなんだ?」というなぞなぞへの答えが、浮き彫りになっていくのだった。

Ⓒ 2016「手をつないでかえろうよ」製作委員会
 
公式サイト:tetsuna.com
シェア / 保存先を選択