市川右近が三代目市川右團次を襲名「師匠からの『翔べ!』の言葉を人生の指針に」

SPICER
市川右近、武田タケル

市川右近、武田タケル


歌舞伎俳優・市川右近が2017年1月の寿新春大歌舞伎にて、三代目市川右團次を襲名することとなった。またこれに伴い、右近の息子・武田タケルが父の名を継いで二代目市川右近を名乗ることも発表された。5月26日(木)、都内にて襲名披露の会見が催された。

新・右團次誕生は80年ぶり。関西の大名跡の復活となる。またこれに伴い高嶋屋が屋号となる。右近は「私が長年師匠(二代目市川猿翁)の下で学ばせていただいたケレンの妙技の世界、そして私自身が関西出身であること、この二つの縁で関西の大名跡である市川右團次という名をいただけたことを幸せに思っている。この上は、わが人生を捧げ日本の伝統文化の発展に少しでも力をかせるようにしたい」と想いを述べた。また「41年間温めてきた市川右近の名を息子の武田タケルに継がせます。まだ海のものとも山のものとも、といった少年ですが、いずれはひとかどの役者の仲間に加えていただけるよう、懸命に指導していきたい」と語った。

市川右近

市川右近

そして来月の「六月大歌舞伎」で「義経千本桜」の安徳帝役で初お目見えする息子の武田タケルくんは「来年1月に市川右近になります。がんばります。よろしくお願いします」と、大きなマイクを一生懸命に持ってかわいらしくご挨拶。

武田タケル

武田タケル

この会見には出席はできなかった師匠の猿翁から手紙でお祝いのメッセージが紹介されると、胸がいっぱいという表情でその言葉に聞き入る右近。そして「これまで大変お世話になってきた澤瀉屋から高嶋屋に屋号が変わることになりますが、一生師匠の弟子であることは変わりません。名前が変わっても屋号が変わっても師匠の元で学ばせていただいた師匠の生きざまと理念を後世の役者さんに受け継いでいく」と決意を語った。
そして、右近は今回の襲名について、猿翁からいただいたという「翔べ」という言葉が書かれた直筆の色紙を披露し、「この言葉は私の今後の人生の指針となると思う」と改めて師匠への感謝の思いを口にした。

師匠・市川猿翁の直筆色紙を披露する市川右近

師匠・市川猿翁の直筆色紙を披露する市川右近

一方、息子のタケルくんは先日まで上演されていた「スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース」が大好きで何度も観たとのこと。「どのキャラクターが好きか?」と聞かれると「ルフィ」と答え、大きくなったら「ワンピース」に出たいか?との問いに「うん」と答え、場を和ませていた。
そんな息子の一挙手一投足に、会見中、大粒の汗を抑えきれない右近。会見後に行われた囲み会見でも「自分のことより息子のことで汗をかいてしまいました」とこのときばかりはパパモード全開で笑っていた。

息子が心配で汗がとまらない市川右近

息子が心配で汗がとまらない市川右近

シェア / 保存先を選択