現代社会を独自の構図で図式化、NY在住の独作家エリック・パーカー展

 エリック・パーカー作品 ©Erik Parker, Courtesy of NANZUKA

エリック・パーカー作品 ©Erik Parker, Courtesy of NANZUKA

エリック・パーカーの個展『Double Down』が、5月28日から東京・渋谷のNANZUKAで開催される。

アンダーグラウンドコミックや風刺イラスト、グラフィティなどに作品のルーツを持つエリック・パーカーは、ドイツ出身でニューヨークを拠点に活動しているアーティスト。多様な作品シリーズを通して世界の政治や経済、現代社会を、ポップカルチャーや音楽、歴史などに満ちた独自の構図で図式化している。2000年にニューヨークのMoMA PS1で開催された『Greater New York』展で注目され、アメリカの美術館や国内外のギャラリーで数多くの展覧会を開催してきた。

『Double Down』はパーカーにとって8年半ぶりの日本での新作個展となる。会場では、2つの円を組み合わせた変形のキャンバス作品や、ピラミッド型のキャンバス作品を含む新作約10点が展示される。初日の5月28日には、来日するパーカーを囲んだオープニングレセプションが行なわれる。

イベント情報

エリック・パーカー
『Double Down』

2016年5月28日(土)~7月9日(土)
会場:東京都 渋谷 NANZUKA

時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

オープニングレセプション
2016年5月28日(土)18:00~20:00
会場:東京都 渋谷 NANZUKA

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択