『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート・NICO Touches the Walls

レポート
2016.5.28
NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

画像を全て表示(5件)

これぞロックバンドのライブ!という数十分だった。光村龍哉(Vo&G)、古村大介(G)、坂倉心悟(B)、対馬祥太郎(Dr)の4人が作り出すグルーヴは、ときにグッと溜め、ときに熱くテンションを高め、その息のあったプレイがエネルギーとなってオーディエンスを巻き込んでいく。2年ぶりにVIVA LA ROCKに登場したNICO Touches the Wallsが見せてくれたのは、そういうステージだった。

登場すると、光村が右手を高々と挙げ、「いけますか?」と一言。まずは挨拶代わりの “渦と渦”の豪快なギターロックに、オーディエンスが歓声で応える。続くは“THE BUNGY”。暴れ馬のようなロックンロールのビートを持つこの曲で、早速メンバーのスリリングなプレイが映える。古村のギターフレーズがバンドをぐいぐいと引っ張っていく。

NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

続いては「ご無沙汰してます、VIVA LA ROCKの皆さん」と呼びかけて、“手をたたけ”へ。ピースフルな包容力を持ったこの曲のムードにオーディエンスが笑顔で手を打ち鳴らして応え、「めっちゃ気持ちいい響きです、ありがとう!」と光村が叫ぶ。

アコースティックギターに持ち替え、「午前中にぴったりの爽やかなナンバーをお届けします」とこの5月にリリースされたばかりの新曲“ストラト”を披露。キャッチーなメロディ、メンバー全員のコーラスとクリアトーンのギターが魅せるポップソングだ。

NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

そして、ライブならではの見せ場を見せてくれたのがラスト2曲。「暴れようぜ!」とプレイした“ニワカ雨ニモ負ケズ”では、曲の途中から古川と光村が向かい合って声とギターで即興のセッションを繰り広げる。そこに対馬のドラムと坂倉のベースが絡まり合い、「♪探している~」というワンフレーズとスキャットで数分間のインタープレイを繰り広げる。と、光村は全員の演奏を止めて、客席を指差して囁き声で「行くよ」と一言。そして再び爆発するようなサビへ。この瞬間は、まさにバンドの真骨頂だった。

NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

ラストは「天地ガエシ」。サビ前でぐっと溜めて後半から一気にスピードアップする、まるでジェットコースターのような展開で熱狂を生み出し、4人はステージを降りた。

「NICO、格好いい! ヤバいよね!」。終演後のセットチェンジでは、どうやら初めてNICO Touches the Wallsを観たお客さん同士の会話が聞こえた。きっと、緩急自在なそのグルーヴが生み出す「熱」に魅了されたんだと思う。


撮影=TEPPEI レポート・文=柴那典

NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

NICO Touches the Walls Photo by TEPPEI

セットリスト
VIVA LA ROCK 2016  2016.5.28 
NICO Touches the Walls
1. 渦と渦
2. THE BUNGY
3. 手をたたけ
4. ストラト
5. ニワカ雨ニモ負ケズ
6. 天地ガエシ

 

シェア / 保存先を選択