『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート Suchmos

レポート
2016.5.29
Suchmos

Suchmos

画像を全て表示(6件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE Suchmos

今年頭にリリースしたEPがロングヒットを続け、一気にブレイクを果たしたSuchmos。彼らがCAVE STAGEのトリを務めることに異論のある人はいないだろう。地元の仲間たちが遊びの延長で鳴らし始めたロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップを織り交ぜたクールなバンドサウンドが徐々に全国へと広まっている。

Suchmos

Suchmos

サウンドもそうだが、何と言ってもこのバンドはメンバー全員の出で立ちがカッコいい。不良ではないけど、ちょっと悪そうな雰囲気はかつて多くのロックバンドがまとっていたものではないか。ステージへの登場もいたって普通なのだけど、なんだかときめいてしまう。

Suchmos

Suchmos


同じようなことを感じているであろう観客のハートを冒頭からがっちり掴みつつ、1曲目“YMM”をプレイ。うん、このステージが持つクラブのような雰囲気が彼らのようなバンドには合う。続いて、“Get Lady”。これに限らず、Suchmosの曲はギターや鍵盤のフレーズが比較的シンプルだ。そこでHSUの派手なベースラインが音の隙間を埋め、温かみのあるドラムがボトムを支える。KCEEのDJも丁寧なプレイに徹しているし、無駄な音が鳴っていない分、“STAY TUNE”などで時折挿入される歪んだギターや、YONCEの歌が引き立つのだろう。

Suchmos

Suchmos

音源から大幅にアレンジを変えた“GAGA”や“Alright”は特によかった。ライヴを重ねていく中で変化していったのか、実に気持ちいいツボを突いてくる。ベースソロやDJソロなどで存分に遊んだ“GAGA”では、みんな気持ちよさそうに体を揺らしていた。

Suchmos

Suchmos


アンコールを求める盛大な手拍子に応えて演奏したのは、7月にリリースするEPから“MINT”。一日の興奮をクールダウンするような楽曲で、ピアノの音色が耳に優しい。最後にころころと転調していく展開が最高だ。この夏再びシーンの話題をかっさらうだろう。

Suchmos

Suchmos

YONCEは最後にこう宣言した。「ここのステージ、小さいだろ? いつかさいたまスーパーアリーナでワンマンやっから!」彼らが目指すのはひとつ上のVIVA STAGEではない。もっと大きな夢を抱いて、シーンを駆け上がっていくのだ。


撮影=釘野孝宏 レポート・文=阿刀“DA”大志

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE Suchmos
 
1. YMM
2. Get Lady
3. STAY TUNE
4. GAGA
5. Alright
6. BODY
EN. MINT

 

シェア / 保存先を選択