『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート G-FREAK FACTORY

レポート
2016.5.29
G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

画像を全て表示(5件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
VIVA! STAGE G-FREAK FACTORY

じっとりと深いダブセッションがVIVA! STAGEに響きわたる中、ラスタカラーの旗で頭を覆った茂木が登壇し、「すべての武器を楽器に。関東は北、群馬のオールドルーキー、ヤンキー……G-FREAK FACTORY始めます」という口上を号砲に、この日のG-FREAK FACTORYの舞台は始まった。口上から一気に雪崩れ込んだ“Unscramble”では、エッジの立った爆音と疾走するリズムの中で、茂木の放つ言葉と歌一打一打が腹にズシリとくる。迷いを振り切るための力を掴むために目覚めろ、という歌を力いっぱい絶唱する姿そのものに、心の奥から闘志が湧き出るような感覚を覚えた人も多かっただろう。その証にフロアには無数の拳が突き上げられ、そしてバンドもその闘志に煽られるようにアンサンブルの熱をグングンと昇らせていく。ステージと観客の魂のぶつかり合いが巨大な塊になって爆発していくかのようだ。

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY


G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

「群馬県のヴィジュアル系バンド、G-FREAK FACTORYです!」「ロングヘアーイズバッド改め、G-FREAK FACTORYです!」「群馬のWANIMA、いや、10年後のWANIMAの姿、G-FREAK FACTORYです!」と、頻繁に後輩バンドを引き合いに出して笑いを誘いながら、ソリッドな爆音とピースな空気を自在に操ってグングン観る者を巻き込んで行くライヴは圧巻のひと言だった。アリーナに巨大なハンドクラップとジャンプを巻き起こしたアンセム“日はまだ高く”、だだっ広い荒野の情景が浮かぶ巨大なグルーヴとリーディングの連打で、変わる時代と変わらない生き様の両方を鳴らした“Too oLD To KNoW”と立て続けに鳴らしながら、自分達が生きるこの時代とこの場所を愛しているからこそ闘うべきものがあるという、その慈愛のレベルミュージックの核心にあるものだけをそこに叩きつけていった。

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY


G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

マイクを通さず、生きるために闘い続けること、闘うことで守りたいものがあるということ、そのために今自分達はこのステージに立ち続けていることを執拗なくらい茂木は語り続けた。その言葉に呼ばれるようにして始まった“島生民”。そして、明日いろいろなものが終わるかもしれない、だからこそこの日を大切な宝物のように生きるんだという“EVEN”で温かな歌心を聴かせ、「ロックの革命を起こすフェスだって聞いたぜ。だから、あのロゴも旗掲げてるんだよな。その革命を最後の最後まで楽しんでいってくれ」という言葉を残してステージを降りた4人。その革命が起こりえるのは、こうして自らの真なる生き様だけを貫き続けてきたバンドがいるからこそだと感じるライヴだった。
 

撮影=古渓一道 レポート・文=矢島大地

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
VIVA! STAGE G-FREAK FACTORY
 
1.jam
2.  Unscramble
3.  jam~日はまだ高く
4.  SOUL CONNECTION
5.  Too oLD To KNoW
6.  島生民
7. EVEN
シェア / 保存先を選択