『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート Dragon Ash

レポート
2016.5.30
Dragon Ash

Dragon Ash

画像を全て表示(8件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
STAR STAGE Dragon Ash

この日のパフォーマンスは大きくふたつに分かれていた。前半は慈愛に満ち溢れたステージ。ドラムンベース風の柔らかなビートに乗せたソフトな“House of Velocity”から始まり、“AMBITIOUS”へ。Kjは両の目をカッと見開き、フロア、スタンド、そして会場全体を見渡す。その表情は実に穏やかで、時おり浮かべる笑顔にハッとさせられるほどだった。

Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash

ライブが進むに連れて曲のリズムは複雑になり、“For divers area”ではサンバのリズムで場内を祝祭ムードに包み込むが、大暴れするというよりは体の底から湧き上がる喜びを両手掲げて表現したくなるような気分。「Velvet Touch」ではKjとベースKenKenがふたりのダンサーと共に笑顔で軽やかなステップを踏み、温かなフレーズを爪弾く。ダイヴやモッシュなんてまったく似つかわしくない。

Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash

しかし、演奏は徐々にハードさを増し、“百合の咲く場所で”で前半最初のピークを迎える。曲のイントロが鳴ると歓声と共に大きなサークルがフロアに広がり、サビで一気に中心に向かって走りこむ。2コーラス目では最初よりももっと大きく。Kjは言った。「フェスはお前たちのもんだ!」と。ここからは完全にスイッチが切り替わり、Kj曰く「ゴリゴリの新曲」に仕上がったミクスチャーロック“Head bang”でヘドバンの波を起こす。

Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash

“The Live”の演奏前、Kjはビバラのプロデューサー鹿野氏と以前交わした会話を明かした。Kjはこう言ったそうだ。今はどのフェスに行ってもモッシュ/ダイヴが禁止だけど、自分たちは小さい頃にそれがカッコいいと思ってたから楽器を手にしたんだと。それに対する鹿野氏の回答にKjは胸を打たれたという。「ダイヴもモッシュもありで、でも、だからこそ誰もケガせず、みんなが笑って帰れるようなフェスのカルチャーを自分達の手でここからもう一度作ろう」と。――そんなMCの後にプレイする“The Live”が盛り上がらないわけがない。KenKenの激しいスラップが火を吹き、「これが『Live』でしょう、みなさん」としびれる一言。もうここまできたらあの曲じゃないと終われない。“Fantasista”だ。「お客さーん! 俺もミクスチャーロック、大好きです!」と叫んだKjの顔には満面の笑みが浮かんでいた。


撮影=TEPPEI レポート・文=阿刀“DA”大志

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
STAR STAGE Dragon Ash​


1. House of Velocity
2. AMBITIOUS
3. For divers area
4. Velvet Touch
5. Revive
6. 百合の咲く場所で
7. Head bang
8. The Live
9. Fantasista

 

シェア / 保存先を選択