『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート BRADIO

レポート
2016.5.30
BRADIO

BRADIO

画像を全て表示(5件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
GARDEN STAGE BRADIO

この後始まる「パーティタイム」に期待を膨らませた多くの観客が詰めかけ、開演前からあっという間にいっぱいに埋まったGARDEN STAGEには、満を持してBRADIOが登場。サウンドチェックの段階から出し惜しみなしのプレイを見せつけてフィールドに歓声を巻き起こし、その後の大熱狂を予感させる。そして実際、それぞれメンバーカラーの上着をはおった正装で登場し“Flyers”から開幕したステージは、その予感をさらに上回るパーティ空間を描いていった。極上のファンクネスが生み出すグルーヴに乗せながら、「Are You Ready Funky People? We Are BRADIO!!!」と告げると同時にその場の熱気が弾け、フィールドは一大パーティ会場に変容。「もっともっとみんなのファンクネスを聴かせてもらっていいかい?」と煽りつつ放たれる、滑らかかつ艶やかな色気も備えた真行寺のダンディな歌唱とバンドサウンドがオーディエンスのヴォルテージを否応にも上げる。その熱気も、あるいは頻繁に行われるコールアンドレスポンスも、すべてはそのグルーヴの一部となり、ステージもフィールドも一体となって大きな歓喜の渦を描いていくようなプレシャスな一体感が生まれていく。「ファンキーとハッピー、つまり『ファンピー』を届けにきたぜ!」というMCもまさに!なライヴが展開していった。

BRADIO

BRADIO

BRADIO

BRADIO

「たとえばそこで聴いてくれてるおじいちゃん……あなたがいないだけでそこはぽっかり空いちゃうんだ。ここにいる誰が欠けてもそこは空いちゃう。だけど今はこんなに人が集まってくれて、見渡す限りのビックスマイルでいっぱいだ。キラキラのビッグスマイルに愛と感謝でいっぱいです」

BRADIO

BRADIO

そんなロマンチックな言葉を投げかけた後は、「遊べー!!!」というシャウトとともに“FUNKASISTA”、“スパイシー マドンナ”とダッスナンバーを連打してフィナーレへ向かう。その場に居合わせたすべての人を笑顔のパーティピーポーに変えては共に音楽を作り上げるような、そんな極上の一体感を生み出したBRADIO。ガーデンの外にまでハッピーなテンションを浸食させて、至福の空間を作り上げた紛うことなき最高のファンクスター達には、鳴りやまないほどの盛大な拍手が送られた。
 

撮影=釘野孝宏  レポート・文=黒田隆太朗

BRADIO

BRADIO


 
セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
GARDEN STAGE BRADIO


1.Flyers
2.Golden Liar
3.Sunday
4.FUNKASISTA
5.スパイシー マドンナ

 

シェア / 保存先を選択