『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート フレンズ

レポート
2016.5.30
フレンズ

フレンズ

画像を全て表示(6件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
GARDEN STAGE フレンズ

陽も傾き始め心地よい風が吹き抜ける中、登場したのはフレンズ。おかもとえみ(Vo / 科楽特奏隊、ex.THEラブ人間)、ひろせひろせ(Vo,Key / nicoten)、三浦太郎(G,Cho/ex.HOLIDAYS OF SEVENTEEN)、長島涼平(B / the telephones)、SEKIGUCHI LOUIE(Dr / ex.The Mirraz)で結成された5人組のニューバンドだ。「リハーサルだけど行きまーす!」と言って披露された楽曲で、早速このバンドの核にある自由かつ爽やかなヴァイブスを空間に投げかけると、これから始まる好演の予感に導かれるようにVIVA LA GARDENからぞろぞろとオーディエンスが集ってくる。

フレンズ

フレンズ

フレンズ

フレンズ

フレンズ

フレンズ

ライヴはその空気感のまま、先月から単体での配信リリースされている“夜にダンス”でスタート。グルーヴするサウンドの上をリズミカルに泳ぐ男女ツインヴォーカルが印象的なグッドソングだ。「東京都渋谷区、神泉から来ましたフレンズです」(ひろせ)との挨拶を挟みつつ、“シンデレラガール”、“DIVER”と続いていくセットリストは、時折シティポップっぽいニュアンスを持ちながら、ヒップホップからの影響が強いポップミュージックの連続で、その心地いいポップスが次々とそよ風に乗ってフィールドへと舞い降りていく。押しつけがましくないほがらかなポジティヴィティと、男女ヴォーカルによる会話を楽しむような雰囲気の掛け合い、どこまでも届くかのような伸びのあるおかもとのふくよかな歌心が実に気持ちいい。

フレンズ

フレンズ

フレンズ

フレンズ

「どうしてもやりたい曲があります。このバンドで初めて作った曲です」という言葉とともに放たれた“ベッドサイドミュージック”は、ゆったりとしたBPMとメロの気持ちよさで聴き手の胸を潤し、オーディエンスはゆらゆらと横揺れの波に揺れながら応えていく。最後の1曲、J-POP譲りの歌と都会的な響きを兼ね備えたグッドミュージック“Love,ya!”を届けるまで、終始野外ライヴの醍醐味のような景色を作り上げていったフレンズ。それぞれが各キャリアで築いてきた音楽的センス&テクニックはもちろん、これから大いなるポップミュージックの旅が始まっていくのだというフレッシュな衝動も宿した「ニューカマー」の登場に心高鳴る、幸福感に溢れたアクトだった。
 

撮影=釘野孝宏  レポート・文=黒田隆太朗

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
GARDEN STAGE フレンズ

 
1.夜にダンス
2.シンデレラガール
3.DIVER
4.ベッドサイドミュージック
5.Love,ya!

 

シェア / 保存先を選択