『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート SHANK

レポート
2016.5.30
SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle) 

SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle) 

画像を全て表示(5件)

『VIVA LA ROCK 2016』 2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE SHANK

リハではフロアからかかる「カッコいい!」の声に、「ありがとう! ちょっとオシッコしてくるわ!」と気さくに返していたSHANK。ライブ前から自分たちらしさを発揮していたビバラ初ステージ。SEが鳴ると、前に押し寄せようとする観客が倒れそうになるほどの歓迎ムードだ。というよりも、むしろ危険を感じさせるほど。水曜日のカンパネラもパンパンだったが、あのライヴとはまた別種の盛り上がりだ。

SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)

SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)

オープニングの“submarine”から、次から次へとクラウドサーファーが人々の頭上を行き、ベースは「踊って帰ってね~」と軽く言うが、踊るスペースなんてありゃしない! そんなのはお構いなしに“Hope”~“Take Me Back”~“Good Night Darling”と「ちょっ速」な曲を立て続けにプレイ。

SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)

SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)

最初のMCでは観客からの煽りに対して、「『かかってこいよ!』とかそういうの止めようよ~」と笑顔で返したり、あくまでもマイペース。MCでの小休止はまったく意味をなさず、“Cigar Store”が始まっても空調を上回る熱気で場内の温度は高まる一方。しかし、観客だってそう簡単にはへばってられない。柵の強度が不安になるぐらいの勢いで大暴れ。なんだ、ここは新宿ACBか?

SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)

SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)

一方、3人の演奏は実にどっしりしたもの。ビートは性急だが、決して全体のリズムが崩れることはなく、安定したプレイに終始。かつての若手っぽさはどこにもなく、中堅のメロディックパンクとしての実力をグッと高めた。

SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)

SHANK 撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)

「VIVA LA ROCK、来年呼ばれる保証はないですし、またどこかで会えたらいいなと思います!」と最後のブロックを“Love and Hate”で始めると、あとはオープニングと変わらぬ勢いでエンディングまで駆け抜けた。しかも、最後に急きょ1曲追加のおまけつき。こんなところも普段のライブと変わらない。フェスだから? 大きなイベントだから? そんなもんSHANKには関係ない。ライブをする場所さえあれば、目の前にお客さんがいようがいまいが彼らは全力でパンクロックを鳴らすんだ。


撮影=Viola Kam (V'z Twinkle) レポート・文=阿刀“DA”大志

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』 2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE SHANK

 
1. submarine 
2. Hope  
3. Take Me Back
4. Good Night Darling
5. Cigar Store
6. 620
7. Departure
8.Weather is Beautiful
9. TOP WATER
10. Love and Hate
11. Set the Fire
12. Long for the Blue moon
13. BASIC

 

シェア / 保存先を選択