『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート UNISON SQUARE GARDEN

レポート
2016.5.30
UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN

画像を全て表示(4件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
STAR STAGE UNISON SQUARE GARDEN

大歓声が3人を迎え入れる。後ろまで埋まったフロアはもちろん、スタンドの上の方までお客さんの手が揺れ、笑顔が広がる。UNISON SQUARE GARDENの昨年の躍進と、その推進力になった“シュガーソングとビターステップ”という曲の持つパワーを、改めて思い知る。去年にもSTAR STAGEに出演した彼ら。その時に披露した時にはまだリリース前だったこの曲がロックシーンを飛び越え、広い場所に届き、彼らは自らの手でポップを勝ち取ったのだ。

でも、彼らは変わってない。どころか、より「攻め」の姿勢を持って突き進んでいる。そう感じさせるステージだった。

UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN

斎藤宏介(Vo&G)の歌うキラキラしたメロディは彼らの大きな魅力だけれど、やはりバンドのエンジンは3人が生み出す感電するようなアンサンブルだ。斎藤のギター、田淵智也(B)のアグレッシブな低音、鈴木貴雄(Dr)のダイナミックなビートがスリリングに絡みあう。“桜のあと(all quartets lead to the?)”や“メカトル時空探検隊”では突進する曲展開を見せる。田淵は足を蹴り上げベースを振り回し、ステージ狭しと走り回る。「新曲をやります」と披露した“パンデミックサドンデス”も、緩急自在のドキドキするようなスピード感を持った曲だ。ポップなシングル曲だけじゃなく、バンドのヒリヒリした側面を示す攻撃的なナンバー“天国と地獄”が熱い盛り上がりを生み出していたのも印象的だった。

UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN

田淵が縦横無尽に暴れ回り、オーディエンスの熱狂もピークに達した“オリオンをなぞる”から、ラストは“ガリレオのショーケース”。斎藤が「バイバイ!」と告げてステージを降りるまで、ライブは数十分ほぼノンストップだ。まったくもって目が離せない。まるでジェットコースターの速さで綱渡りをしているような、圧倒的なステージだった。


撮影=TEPPEI  レポート・文=柴 那典

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
STAR STAGE  UNISON SQUARE GARDEN


1.カラクリカラクレ
2.シュガーソングとビターステップ
3.桜のあと(all quartets lead to the?)
4.メカトル時空探検隊
5.ライドオンタイム
6.ワールドワイド・スーパーガール
7.パンデミックサドンデス
8.天国と地獄
9.オリオンをなぞる
10.ガリレオのショーケース

 

シェア / 保存先を選択