HOWL BE QUIET、新曲「Wake We Up」で初アニメタイアップ

HOWL BE QUIET

HOWL BE QUIET

HOWL BE QUIETが8月3日にニューシングル「Wake We Up」をリリースする。

表題曲「Wake We Up」は、7月に放送がスタートするアニメ「DAYS」のオープニングテーマ。HOWL BE QUIETがアニメにテーマ曲を提供するのは今回が初となる。竹縄航太(Vo, G, Piano)は、この曲について「この『Wake We Up』という曲が、『DAYS』の主題歌として、そして聴いてくれた人のエールとして、輝いてくれるよう、思いを込めて作りました」とコメントしている。

なおシングルは初回限定盤、通常盤、“DAYS盤”の3形態が用意される。初回限定盤には「Wake We Up」のミュージックビデオや、3月8日に東京・渋谷CLUB QUATTROにて実施された「チャンス到来TOUR~決戦前夜編~」東京公演のライブ映像を収めたDVDが付属する。

HOWL BE QUIET「Wake We Up」収録内容

CD

01. Wake We Up
ほか計3曲収録予定

DVD(初回限定盤のみ)

・「Wake We Up」MV

・チャンス到来TOUR~決戦前夜編~LIVE 映像(副音声付き)
01. 千年孤独の賜物
02. クローバー
03. バトルナイフ
04. レジスタンス
05. MONSTER WORLD

竹縄航太(Vo, G, Piano) コメント

HOWL BE QUIETとして、歴史上初めての主題歌ということで、「DAYS」という作品にとにかく潜りました。
彼らと僕らの共通点は、探すにも至らないぐらいいくつもありましたが、大きく共通していたのは「夢の追い人」であるというところでした。彼らも夢の途中。僕らも同じように夢の途中です。
「夢」というのは、大きい小さいあれど、いつの自分も持っているもので、日々更新されていくものだと思っています。叶わなかった夢ばかり頭によぎることが多いけれど、10年前、5年前、あの日の自分から見れば、今の自分はとても輝いて見えたりもするだろうし、その一方、今の自分から見れば、うだつがあがらなくて、地団駄を踏んでいたり。そういう風に「夢」ってやつは、本当に自由でわがままで、その時々の自分に合った「夢」が生まれるもの。だから簡単に叶わなくて当たり前だと思ってます。だって、「夢」も自分と同じように日々成長しているものだと思うから。
だからこそ、夢が生まれる瞬間、破れる瞬間、叶う瞬間、そのどれもが本当に儚くて、美しい瞬間なんだと、「DAYS」という作品を読んで、あらためて実感しました。この「Wake We Up」という曲が、「DAYS」の主題歌として、そして聴いてくれた人のエールとして、輝いてくれるよう、思いを込めて作りました。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択