私の明日の筋書きはどこにあるのか…等身大の人間が繰り広げるコメディ、ラッパ屋『筋書ナシコ』開幕レポ

レポート
2016.6.20
ラッパ屋 第42回公演「筋書ナシコ」(撮影:木村洋一)

ラッパ屋 第42回公演「筋書ナシコ」(撮影:木村洋一)


6月18日(土)から紀伊國屋ホールにて、ラッパ屋の第42回公演『筋書ナシコ』の上演がスタートした。

フリーライターのナシコは、40代独身。仕事相手の出版社パーティーに同世代のライターとともに、招待されたところ。ただ、どうも雲行きが怪しい話ばかりが聞こえてくる。ただでさえ、若い世代のライターにどんどん仕事を奪われているのに、細々と続けているその出版社の仕事もなくなってしまうかもしれないのだ…このままではお先真っ暗。まさに明日の筋書きが見えない大ピンチを迎えているのだ。

ラッパ屋の第42回公演「筋書ナシコ」(撮影:木村洋一)

ラッパ屋の第42回公演「筋書ナシコ」(撮影:木村洋一)

舞台はレストランやバーが複数入っているビルの地下フロア。上の階にも店があるようだ。ナシコが、そして様々な人が店を行き来しながらそれぞれの物語が進み、それらが徐々に絡み合っていく。

本作には、ナシコに限らず、明日の筋書きが見えない人物が多数登場する。安定した暮らし、会社経営、長い独身からの卒業…。それぞれが今日より明日はきっといい日になる、と思っているが、現実はそんなに甘くない。どこに向かえば幸せを手にすることができるのだろう、と誰もが風見鶏のようにくるくると行先を探しているようで…。

ラッパ屋の第42回公演「筋書ナシコ」(撮影:木村洋一)

ラッパ屋の第42回公演「筋書ナシコ」(撮影:木村洋一)

ナシコは、物語をグイグイ進める「ザ・主人公」という訳ではない。またどこかに「超」悪人がいるわけでもない。ごく普通の、どこにでもいそうな人間どもが右往左往する様に、そして「この世代の人ならそう思うよねー」「いるいるこんな人!」と共感させる自然なやりとりに、思わず笑いがこみあげる。自分だけかと思いきや男性も多い会場からも何度となく大きな笑い声が響いていた。

ラッパ屋の第42回公演「筋書ナシコ」(撮影:木村洋一)

ラッパ屋の第42回公演「筋書ナシコ」(撮影:木村洋一)

終演後の紀伊國屋ホールからビル出口に向かう階段の中が、あたたかい空気と笑顔に満ちているのが非常に印象的だった。公演は26日(日)まで。演劇ファンのみならず、そうでない方にも一度この空気を感じてもらえたら、目の前の現実は変わらなくても、もっと笑顔で過ごせる明日がやってくるのかもしれない。

公演情報
ラッパ屋 第42回公演『筋書ナシコ』

■日程
■会場:紀伊國屋ホール (東京都)
■脚本・演出:鈴木聡 
■出演:
岩橋道子、ともさと衣、木村靖司、俵木藤汰/松村武、谷川清美/岩本淳、浦川拓海、青野竜平、林大樹/福本伸一、弘中麻紀/大草理乙子、宇納佑、熊川隆一、武藤直樹
■公式サイト:http://rappaya.jp

シェア / 保存先を選択