邦楽の"オールスター"フェス『SWEET LOVE SHOWER 2016』で観ておくべき注目バンド 〜五感を総動員したいアクトたち〜

コラム
動画
2016.7.10

画像を全て表示(5件)

今やジャンルの壁など関係なく、ロックやヒップホップ、R&Bからエレクトロにいたるまで、さまざまな音楽をブレンドした楽曲が多数登場し、幅広い音楽リスナーを熱狂させている。『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016』においても、枠にとらわれないサウンドで作品を発表するごとに、新しい世界をみせてくれるアーティストが多数出演する。

まず、8月26日(金)に登場する「"夜"も昼も聴く者全てを"本気"で"ダンス"させる」ことをモットーに結成された4人組バンド・夜の本気ダンスは観ておきたい。ギター、ベース、ドラムというシンプルなバンド構成で、ファンキーでスリリングなグルーヴを描き出している彼ら。楽曲を聴いているだけでも、心躍らせる要素があるのだが、ライブになるとそのグルーヴ感がさらに濃密な印象に。フロントマンである米田貴紀は、一見クールでインテリジェンスな雰囲気を醸し出しながら、ステージ上だと野獣のような獰猛な目つきで、観客を挑発。時にはフロアまで降りてきて、観客と共に放たれるグルーヴの波にまぎれていくのだ。彼自身もバンド・サウンドを心底楽しんでいる感じ。それに触発されてか、観客もグルーヴにあわせて思い思いのスタイルで、ダンスをしていく。そこにはルールなど一切存在しない。自らの欲望をさらけだすことのできる快楽を、きっと『SWEET LOVE SHOWER 2016』でも体感することができるはずだ。

また、同日にはサカナクションの出演も決定! バンド・スタイルでパフォーマンスをすることもあれば、1960年代より活躍している元祖テクノ・ユニットであるクラフトワークのようにメンバー全員がラップトップ・コンピューターを持ち楽曲を披露することもあるなど、さまざまな表現スタイルを提示している彼ら。最近ではフロントマンである山口一郎が人気ファッションブランドのコレクションのサウンドディレクションを担当するなど、他分野とのコラボレーションでもそのセンスを発揮している。ゆえに、ステージでは彼らの放つ音楽だけではなく、映像や照明など演出も圧巻。現代美術を展開しているような独自の世界をみせてくれるのだ。また、釣り好きとして知られる山口、湖畔近くにある会場での開催ということで、この日は特別な仕掛けを用意しているかもしれない。そんなところも楽しみである。エンターテインメント性にすぐれながらも、観る者すべてにその先へつながる想像力を与えてくれるはずの彼らのステージ。一瞬たりとも目が離せないはずだ。刺激にあふれるいっぽうで、シングル曲「新宝島」でみせるキッチュなダンスのような、ユーモアも散りばめているので、誰でも身構えずに楽しめるステージでもある。

翌8月27日(土)は、フレデリックに注目してほしい。ファンクやディスコなどのビートを用い、トリッキーなバンド・サウンドを描き、人気となっている彼ら。そのライブにおいて欠かせないのが、クラップ(手拍子)。バンドが登場する前から鳴りやまず、開演してからもさらに加速度や勢いが増して行くクラップに乗って、バンドの放つグルーヴも高まっていく印象がする上、メンバーとの距離感も縮まってまるで自分もバンドの一員になったような気分になれるのだ。また、昨年本フェスに出演した際には巨大なバルーン人形をステージに持ち込み会場を盛り上げたり、MCでは関西のノリを生かした(?)軽妙な語りに思わず手を叩いて爆笑するなど、楽曲パフォーマンス以外でも終始クラップしっぱなしだったステージ。今年も彼らの演奏が終わった後、気づいたら手のひらがな真っ赤になってしまいそう。

また同日には、先日発売されたばかりのアルバム『Dr.Izzy』が、ヒットチャートトップ10入りを果たすなど、人気が加速しているUNISON SQUARE GARDENが、ついに『SWEET LOVE SHOWER』への初出演を果たす。疾走感のあるバンド・サウンドでありながらポップな要素も併せ持つ彼らの楽曲とパフォーマンスのなかでも、多くの人々をザワつかせているのが、ベーシストである田淵智也の存在感だ。音を鳴らした瞬間に、何かに取り憑かれたかのような鋭い眼光を放ち、これでもかというくらいステージ上をかけずりまわる。1970年代のパンク・バンドのような、圧倒的なカリスマ性を目の当たりにして、思わず釘付けになる人が続出。だから、このステージではどんな暴れっぷりをみせてくれるのかが、楽しみだ。しかしそこだけではなく、隣でクールに演奏している様子のフロントマン・斎藤宏介や、ドラマーの鈴木貴雄も、鋭い視線でエモーションを楽器や声にぶつけている。そのまなざしをが観客に向けられた際には、思わずドキリとしてしまう。音はもちろんであるが、「眼差し」にも注目してほしいアクトである。

間違いなく五感を刺激するステージを展開してくれるはずの4組。これを体験したら、新しいフェスの面白さや深みを知ることができるはずだ。

文=松永尚久

イベント情報
SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016

開催日 : 8月26日(金)、27日(土)、28日(日) 
会場 : 山梨県 山中湖交流プラザ きらら
 
主催: SPACE SHOWER NETWORKS /山中湖村
協賛:ファミリーマート 特別協力:ハイネケン・キリン株式会社、株式会社ヒューマントラスト
協力:山中湖観光協会/山中湖観光振興公社 /京王観光/e+(イープラス) /ファミマ・ドット・コム
後援:FM-FUJI/テレビ山梨/山梨日日新聞社/山梨放送/FM802
企画/制作:SPACE SHOWER NETWORKS  制作協力/運営: DISK GARAGE
Twitter:http://twitter.com/sls_sstv  Facebook:http://www.facebook.com/sweetloveshower
 
8/26(金)出演アーティスト
THE ORAL CIGARETTES / KANA-BOON / 川谷絵音 / 木村カエラ / キュウソネコカミ /ゲスの極み乙女。 / サカナクション / 水曜日のカンパネラ / 10-FEET / the HIATUS / PIGGY BANKS / BLUE ENCOUNT / Mrs. GREEN APPLE / METAFIVE(高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI ×ゴンドウトモヒコ×LEO 今井) / 夜の本気ダンス / RIZE / WANIMA …and more!!

8/27(土)出演アーティスト
indigo la End / ORANGE RANGE / GLIM SPANKY / ザ・クロマニヨンズ / go!go!vanillas / SHISHAMO / JUON / DREAMS COME TRUE / 爆弾ジョニー / フジファブリック / フレデリック / flumpool / THE BAWDIES / ぼくのりりっくのぼうよみ / MANNISH BOYS / UNISON SQUARE GARDEN / lovefilm…and more!!

8/28(日)出演アーティスト
ASIAN KUNG-FU GENERATION / [Alexandros] /石崎ひゅーい / 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat. アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス / クリープハイプ / グループ魂 / Suchmos / Superfly / never young beach / パスピエ / ハナレグミ / 藤原さくら / 04 Limited Sazabys / My Hair is Bad / 矢沢永吉 / 米津玄師 …and more!!

 

 

シェア / 保存先を選択