大阪でアートアクアリウム展 圧倒的な数の金魚が舞う

ニュース
2016.7.9

堂島リバーフォーラムで7月6日から、展覧会「アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~ &ナイトアクアリウム」が開催されます。7月5日にプレス向けの内覧会が行われました。アートアクアリウム展は、2007年に六本木ヒルズ(東京都)で熱帯魚による展覧会を初めて開催してから、累計来場者数が約600万人を誇ります。約1,000匹の金魚が泳ぐ「花魁」華魚繚乱(エレガンスダンス)アクアリウムを照明に見立てた「ボンボリウム」など三角柱のアクアリウム計40個が合体した「インフィニトリアム」地球をイメージした「アースアクアリウム・ジャポニズム」など史上最大級の観覧規模という「アートアクアリウム展大阪」は、水槽造作と光・映像・音響において最新の演出技術を屈指したという水中アートの世界を圧倒的な数の金魚・錦鯉が舞い泳ぎます。かつてないほどのスケールで展開する同展。2階にも観覧エリアが設けられています。17時からはナイトアクアリウムとなり、ドリンク片手に楽しむこともできます。

Walkerplus[地域トピックス]
シェア / 保存先を選択