佐々木蔵之介、人生初の丸刈り頭で究極の愛を描く! 舞台『BENT』

ニュース
2016.7.9
舞台「BENT」

舞台「BENT」


7月9日(土)から世田谷パブリックシアターで上演される舞台『BENT』の公開稽古が8日(金)同劇場にて行われ、出演する佐々木蔵之介、北村有起哉、新納慎也、中島歩、藤木孝が直前の囲み会見に登場した。

本作の舞台は第二次世界大戦時のドイツ。ユダヤ人以上に迫害された同性愛者が強制収容所に送り込まれるも究極の愛を貫く姿を描く。過去にも何度となく上演・上映されてきた名作だ。

舞台「BENT」

舞台「BENT」

会見場に丸刈り頭で佐々木が登場すると、ざわつく記者たち。本人も生まれて初めて丸刈りにしたそうで、感想を聞かれると「楽ですね。シャワーも楽! これでも伸びたんですけどね。自分の中では(短いながらも)分け目ができるなって」と笑いを誘う。同じく丸刈り頭の北村は先日稽古場見学をしたときに見かけた以上にゲッソリとした風情。聞けば役作りで10キロ減量したという。「おしゃれで(丸刈り頭に)したことはないが、こういう商売している以上避けられないですね」と語った。

舞台「BENT」

舞台「BENT」

舞台「BENT」

舞台「BENT」

一方、ビジュアルが衝撃的なのは新納慎也。女装のマダム役というころで、スレンダーかつ脚線美を生かしたドレス姿、高いヒールを履き怪しい色気を放つ。『ラ・カージュ・オ・フォール』のシャンタル役などで以前から知っているファンはともかく、現在出演しているNHK大河ドラマ『真田丸』の豊臣秀次役で新納を知った人にとってはかなり衝撃のビジュアルだろう。「僕はどちらかというとこういう役が多いので、通常営業に戻っただけです」としれっと語るも「真田丸のみなさん、すみません」と笑わせていた。

舞台「BENT」

舞台「BENT」

佐々木はこのところ、『ショーシャンクの空に』『マクベス』など男性ばかり(もしくは一人芝居)が続いており、今回もまた男性だけの舞台となる。「男とオカマしかいない。女優が一人もいない。暑い夏を男性だけで過ごすことにグサっときている」と愚痴まじりで語るも、「どストレートの愛を描きます!」と改めて意気込んでいた。

舞台「BENT」

舞台「BENT」

公演情報
『BENT』

■日程:
【東京】2016年7月9日(土)~24日(日) 世田谷パブリックシアター
【仙台】2016年7月30日(土) 仙台国際センター
【京都】2016年8月6日(土)、7日(日) 京都劇場
【広島】2016年8月14日(日) 広島アステールプラザ・大ホール
【福岡】2016年8月16日(火) 福岡市民会館
【大阪】2016年8月19日(金)~21日(日) 森ノ宮ピロティホール
■作:マーティン・シャーマン 
■翻訳:徐賀世子 
■演出:森新太郎 
■出演:
佐々木蔵之介/北村有起哉/新納慎也/中島歩/小柳友/石井英明/三輪学/駒井健介/藤木孝
■特設サイト:
http://www.parco-play.com/web/play/bent2016/​


 

 

シェア / 保存先を選択