山下達郎、松嶋菜々子主演ドラマ主題歌で20年ぶりタッグ「大人のためのサマー・チューンです」

SPICER
山下達郎

山下達郎

山下達郎が松嶋菜々子主演ドラマ『営業部長 吉良奈津子』の主題歌として、新曲「CHEER UP! THE SUMMER」を書き下ろし提供したことが発表された。

「CHEER UP! THE SUMMER」は、山下達郎にとっても久しぶりのサマーチューンで、前作「光と君へのレクイエム」から約3年ぶりのリリースとなる新曲。山下達郎と松嶋菜々子のタッグは、NHK連続ドラマ小説『ひまわり』(1996年4月期放送:脚本は今作も手掛ける井上由美子)に提供した「DREAMING GIRL」('96年発売、'98年リリースのアルバム『COZY』にも収録)以来、実に20年ぶりとなる。

松嶋菜々子は今回の久しぶりのコラボについて、「山下達郎さんがドラマのイメージに合わせて、夏らしいキラキラとした爽やかな主題歌を作って下さいました」と感謝の意を表している。

新曲「CHEER UP! THE SUMMER」は、2016年9月にシングル曲としての発売が決定している。

◆山下達郎コメント
松嶋菜々子さんがドラマ・デビューの際に、主題歌を書かせていただいて以来、
久しぶりのコラボでうれしいです。大人のためのサマー・チューンです。

◆松嶋菜々子コメント
山下達郎さんがドラマのイメージに合わせて、夏らしいキラキラとした爽やかな主題歌を
作って下さいました。この曲にのって木10を盛り上げていきたいと思っていますので、
皆さん是非応援を宜しくお願い致します。

◆「営業部長 吉良奈津子」 牧野チーフプロデューサーコメント
山下達郎さんの清涼感のある歌声は、
松嶋菜々子さんの圧倒的な存在感にぴったり合致すると確信しています。この夏最高の強力タッグになりました。
どんな苦境に立たされても負けない女性である『吉良奈津子』を、常に明るく励まし続けるこの曲が、
すべての女性に捧げる応援歌そのものだと思います。まさにタイトル通り、夏を、女性を、
そしてこのドラマを「CHEER UP」してくれる一曲です。

リリース情報
シングル「CHEER UP! THE SUMMER」
2016年9月14日発売

 

ドラマ情報
<木曜劇場>『営業部長 吉良奈津子』
放送時間:7月21日(木)放送開始
午後10時~11時09分(初回15分拡大放送)
通常午後10時~10時54分放送
出演者:松嶋菜々子 松田龍平 DAIGO 岡田義徳 中村アン 足立梨花 白洲迅 高木渉/伊藤歩
板尾創路/松原智恵子 石丸幹二 原田泰造他

<あらすじ>
「東邦広告」の敏腕CMディレクターだった吉良奈津子(松嶋菜々子)は、小山浩太郎(原田泰造)と結婚。
出産を経て3年ぶりに復職を果たした。だが、復職先は古巣のクリエイティブ局ではなく、営業開発部部長という予想外の役職。納得がいかない奈津子は、常務の斎藤良一(石丸幹二)に不満をぶつけるが、斎藤はブランクを理由に取り合わない。事実、クリエイティブ局では、奈津子のアシスタントだった高木啓介(松田龍平)がCMディレクターとして活躍していた。
奈津子の配属先にいたのは仏頂面の副部長・米田利雄(板尾創路)、神経質なミニマリスト一条達哉(DAIGO)、スマホが手放せない川原義雄(岡田義徳)、出来る女気取りの派遣社員・今西朋美(中村アン)、能天気な新入社員・神崎あすか(足立梨花)といった超個性的な面々。しかも、そこは半期でノルマの1割にも達していない業績不振の部署だった。半ばあきらめムードの部員たちを、粘り強く鼓舞しようとする奈津子。
が、その時、息子の壮太(髙橋幸之介)を保育園に迎えにいく時間を知らせるアラームが鳴ってしまう。
翌日、営業開発部の会議で、広告費が前年比500%と急成長中の回転寿司チェーン店のことが話題になるも、すでに別の広告代理店が食い込んでいてアポすら取れないという。実はそこは、5年前に奈津子が社長からCM制作を頼まれた店だった。奈津子は早速、部員を連れ社長を訪ねるが・・・。
シェア / 保存先を選択