Crossfaithの新章開幕を高らかに告げる快作 "今"と"これから"の自分たち=「New Age Warriors」を語る

SPICER+
Crossfaith 撮影=菊池貴裕

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

画像を全て表示(7件)

7月27日にリリースされたCrossfaithのニューシングル「New Age Warriors」。バンドとして全てをやりきったという傑作アルバム『XENO』を経て、今の彼らがどのようなモードでいるのか。このシングルにはその全てが詰まっていると言っていい。そして月並みだがこの先の彼らに大きな期待を抱くに足る作品ともなっている。依然として海外を転戦し、国内のビッグフェスでも会場を湧かせ続ける彼らに、恐るべき推進力をもった「New Age Warriors」に対する音楽的アプローチや、込められた想いについて、たっぷり語ってもらった。

――KoieさんとKazukiさんには、ちょっと前に、NOISEMAKERとの対談で登場してもらいました。あのあと、どうでした? 心斎橋Dropでの対バンは。

Koie:すげぇ、良かったですよ。上からじゃないけど、ノイズ、めっちゃパワーアップしてて、いいライブ見れたなぁって。

Teru:ノイズの新しいアルバムの『ROAR』、すげぇ好きなんで。以前の曲とは違うし、曲の良さがライブにすごく出ていて、面白かった。

Koie:またライバルが強くなったぞ、って。悟空の気分ですね(笑)。

――最近、この対バンはヤバかったとか、このイベントはすごかったとか。そういうのはある?

Koie:ノイズとの対バンもそうやし、Ken Yokoyamaさんと対バンさせてもらったのも、すごく良かった。ひょっとしたら、お客さん同士が混ざり合えへんのかな?とか、思ってたんですけど、意外とそういうこともなくて。何が良かったかと言われたら、うまく説明できないけど、とりあえずやれてよかったし、打ち上げでもゆっくり話せたんで。

Hiro:今度また、福岡の『AIR JAM』に出演させてもらうことになるので。その前にKenさんと話せて、昔どういう思いでバンドを始めたのかとか、アメリカに行った時の話とか。KenさんもHi-STANDARDで『Warped Tour』に出てたし、その話も聞いたりして。

Koie:興奮しましたね。

Hiro:僕ら、正直言って、Hi-STANDARDを聴いて育ったと言えるほどには、聴いてたわけではないんですね。海外の音楽に影響されることが大きかったんで。でも最近、日本でいろんなバンドと知り合ったりする中で、俺らが『AIR JAM』に出る意味ということを、Kenさんと話して感じました。

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

――Kazukiさん。最近記憶に残るライブは。

Kazuki:かぶっちゃうんですけど、Kenさんと一緒にできた時に、人間力とか、言葉の力強さとか、間近で見ることで、身に沁みるものがあったというか。それは大きかったですね。

Tatsuya:今年の4月に、『Bowline』のキュレーターを、Crossfaithがやらせてもらった時に、Crossfaithだからこそできるスタイルをやろうと思って、昼のライブと夜のライブをやって、海外からバンドを呼んだり、夜のライブではDJを入れたりもして。どうなるんやろう?と思うところもありつつ、やってみたらかなり収穫があって、大成功だなと思いました。次の可能性が広がって、これからもっと面白いことができるなってすごい感じて、楽しかったです。

Teru:俺ら、2012年ぐらいから海外に行けるようになって、海外中心にツアーをしていて、日本で活動してるバンドよりも、行ったことのない場所には行ってるんですけど。日本でツアーした経験があまりなかったんですよ。

――逆に、そうなんですよね。

Teru:静岡とか、行ったことないと言うと、驚かれることもあったりして。で、2月の『XENO WORLDTOUR』で、日本は7か所回って、BRAHMANとか、9mmとか、濃いバンドの方たちとツーマンをして。終わってから朝方まで、いろいろ深い話をしたり、面白いことを聞いて、俺らが今まで無知だった日本のシーンのことを聞いて、感化された部分がすごく多かった。今年で10年目に突入するバンドなんですけど、フレッシュな気持ちになりましたね。

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

――ニューシングルの話に行きましょう。去年出した『XENO』は、間違いなく、あの時点での最高傑作です。あれを作ったことで、自信もついただろうし、逆にハードルが上がったところもあっただろうし。『XENO』以降、バンドがどんなことを考えて、この「New Age Warriors」に至ったのか。というところから、話してもらいたいなと。

Koie: Kazukiの脳出血の問題があったりとか、バンド的にも一番苦しいところから、もう一回バンドとして復活するために、ひとつの固いカタマリになって作り上げたのが、『XENO』という作品で。それまでに作ってきた作品や、ライブの経験をすべて詰め込んで、すごい納得のいく作品になったのが、『XENO』やったと思うんですよ。過去の作品ももちろん好きなんですけど、『XENO』に対する愛というか、満足感はすごいあって、第一章がそこで終わったような感覚にまで行ってたので。だから、次どうしようか?というところから、まず始まると思うんですよね。

――ですね。

Koie:まあでも、俺は曲を作ってるわけじゃないんで(笑)。俺は、『XENO』でやり切ったんだから、今は何をしてもいいという気がしてるんですよ。個人的には。どんなジャンルをやってもいいだろうし、今の俺たちだからこそ、できることがたくさんあると思うんで。それが「New Age Warriors」というタイトルにも、表れてると思うんですよね。新たな第二章がここで始まったと、言っていいんじゃないかと思います。

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

――特に1曲目「Rx Overdrive」は、得意な武器を一番尖らせて、ど真ん中をぶち抜いてきたなという感覚が、すごくした。

Koie:そうですね。最新のCrossfaithと、今までのCrossfaithと、そこには挑戦もあって、尖っているという。

Teru:成長という意味で、何か新しいことをしたいなというのは、アーティストとしての永遠のテーマだと思うんですよ。このシングルは3曲とも、それぞれの可能性を持って挑戦している曲で。「RxOverdrive」は、Kazukiと俺で作曲していく中で、ダブルパンチというキーワードをよく使うんですけど、バンドとしてもパンチがあるし、エレクトロの要素としてもパンチがあるもの。それが混ざった時に、Crossfaithにしか出せない音楽になると思うし、そういう部分を体現した曲になってるんじゃないかなという気がしますね。俺は『XENO』ができたあと、燃え尽きたというか、なかなか次の楽曲のイメージが湧いてこない時期が長かったんで、不安はありましたけど。それでも逃げずに、メンバーと一緒に作り上げた作品に、『XENO』以降の第二章の始まりとして「New Age Warriors」という名前をつけて、ツアーも決まって、もがいて良かったなって、今は思えるので。すごく意味のあるシングルになったなと思ってますね。そこでもし止まっちゃうと、今までずっと走り続けてたぶん、急に止まった反動で、投げ出されることにもなってたかもしれない。でも今はまた前に進めてるんで、良かったなと思いますね。

Kazuki:僕の中で、『XENO』を作っていた期間は、今まで一番苦しかった時期だったんで。そんな状況の中でも、今までで一番いい作品ができて、自信というか何というか、できたという事実がすごくうれしかった。ライブに復帰した時にも、今まで見えなかったものや、当たり前に思っていたことについて、視野がすごく広くなって、大切なものが見えてるようになってきたり、逆にシンプルになるところはシンプルになったり。苦しかった時期を経てそういう状況になったから、だからこそ自分が思う信念を、ストレートにドン!と出したい気持ちがあって、「Rx Overdrive」はそういう気持ちで作りました。よりシンプルに、ストレートに行きながらも、メンバー全員がもっと強く、さらに自分たちを進化させて、そこに新しい要素が乗っかったりとか、今までとは違う新しい音となって、できたんじゃないかなと思いますね。

Tatsuya:『XENO』を作り終えて、シングル3曲を作る上で、新しいことに挑戦するというテーマがあったので。そういう意味で、より3曲の色をストレートに伝えるという気持ちがありました。ドラムもそうですね。

Hiro:「Rx Overdrive」に関しては、Crossfaithの初期から持っている破壊力を、ドン!って感じですよね。昔、みんなでスタジオに入って曲を作ってる時に、“ブレイクダウン、どうする?”って、よく話したんですよ。聴いてる人に、より怖く、よりハードに聴こえさせるブレイクダウンはどれかな?とか、KazukiやTatsuyaと、ブレイクダウンのリズムを考えて、“ここ、もうちょっとややこしく”とか。そういうベクトルを持ってみんなでやったのは、久しぶりな感覚だったんで。

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

――「Rx Overdrive」の歌詞は、どういうことを言ってるんですか。

Koie:Rxは、処方箋(Prescription)の意味なんですけど、この曲は、薬というよりは注射を打つイメージですね。ドラッグっぽい表現なんですけど、自分にオーバードライブを打ち込んで、自分が自分じゃなくなるぐらい、バーサーカー状態に持っていく。それは何を意味しているかというと、“自分を超えろ”ということで、この力が、霞んだ世界から俺を引きずり出してくれる、ということ。“Through The Haze”のHazeは、薬物の中毒者が、クスリが切れてくると、そういう状態になるんですって。それで、打つと、Haze(もや、かすみ)から抜けられる。向こうのプロデューサーが、Hazeはそういうふうに使うから、この歌詞には合うと思うよって言ってましたね。できあがっていく時に、狂気的な、メタルのへヴィさだけじゃなくて、そこにTeruの出すローが入ったり、普通のヘヴィ・ミュージックから逸脱したような感覚があったので。それってまさに、ドーピングした状態の人間じゃないか?と。

Teru:楽曲と歌詞が、すごいリンクしてる。LAのモーテルで、Kazukiと一緒の部屋で曲を作ってる時に、エレクトロをどうやって入れようかって、かなり悩んだんですよ。その時に、最初に言ったダブルパンチというキーワードもあったし、音楽の理論的には、これはちょっと?と思ったんですけど、みんなに聴いてもらったら、“かっこええやん”と言ってもらって。それで、凝り固まっていた自分のパターンや、理屈を考えて作曲していた部分の考えを改めた。そういえば昔は、かっこいいものはかっこいいし、自分たちがテンションが上がるものが単純に好きだったと思うし、そういう初期衝動の部分が、「Rx Overdrive」にはすごく出てる。みんなもこれを聴けばテンション上がると思うし、俺ら自身も、かっけーなって思うし。歌詞のドラッグ的な部分も、“まさにこの曲自体がそうなんだぜ”というインパクトがあるんじゃないかな。

――歌詞で言えば、2曲目の「Kill’Em All」もインパクトあるし、3曲目「Revolution」もすごい、攻めっぱなし。

Koie:そうですね(笑)。今回の作品は、基本、前傾姿勢で。自分たちとか、誰かを鼓舞するような内容の歌詞ですね。自分の持ってる悲しみとかを歌った曲は、いっさいなくて、葛藤しているものに対して戦おうぜとか、自分を超えようぜとか、そういうテーマの曲ばっかりですね。「Kill’Em All」は、俺たちが最強だ、俺たちについてこられる奴は誰もいないという、一方的な感じなんですけど、それぐらい自信に満ち溢れた楽曲だと思うし、そういう状態だったんですね、作ってる時が。それぐらいの勢いがないと、歌詞で曲を殺してしまうこともあるんで、それは意識して書きました。そういうふうに書いていったら、前のめりな歌詞ばっかりになってたんですよね。

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

――それがまさに、New Age Warriors。

Koie:そう。それがぴったりだと思います。3曲の中のリードトラックを、シングルのタイトルにするのが普通じゃないですか。でも全部色が違うのに、どれか一つというのはな、と思ってたんで。だから今の自分たちを表す、これから自分たちがなっていく存在として、「New Age Warriors」にしました。いつもアルバムのタイトルは、そういうものが多かったんですね。『XENO』も自分たちを表す言葉だったし、そういう意味で「New Age Warriors」は、よりわかりやすいですね。俺たちがNew Age Warriorsでありながら、それを聴いて共感してくれるCrossfaithのファンもNew Age Warriorsだよという、そういう意味も込められてます。

――第二章開幕にふさわしい強力シングル。初回盤には、DVDがついていて、このライブ映像も相当ヤバイ。

Koie:DVDは、『XENO WORLD TOUR JAPAN』のファイナル、豊洲PITの模様が3曲と、もう1曲は、去年やった日光山輪王寺大猷院での世界遺産ライブ。レッドブルのサイトで限定公開されてたんですけど、見たいという声をすごい聞いてたんで、じゃあ入れちゃおうと。

Hiro:生中継とは違う画で、さらにブラッシュアップして。

Teru:ミックスも、し直しました。本当に見ごたえある映像になってるので、ライブに来たことのない人も、俺たちのライブってこんな感じなんだなって思ってもらって、実際ライブに来てもらいたいです。

Koie:それで9月から始まるツアーにも、来てもらえたら。New Age Warriorsになってもらえたら、いいですよね。


撮影=菊池貴弘 インタビュー・文=宮本英夫

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

Crossfaith 撮影=菊池貴裕

リリース情報
New Single「New Age Warriors」
発売中

 

●初回生産限定盤【CD+DVD】¥1,800(税抜)BVCL-742
※初回封入特典:JKデザイン9面ポスター封入
<初回特典DVD>
“ENTER THE XENO”
~XENO WORLD TOUR 2016:JAPAN TOYOSU PIT~
M1: Xeno
M2: Raise Your Voice
M3: Paint It Black
~LIVE AT NIKKO WORLD HERITAGE VOL.1~
M4: Devil’s Party
 
●通常盤【CD】¥1,200(税抜)BVCL-744
収録曲(初回/通常共通)
M1:Rx Overdrive
M2:Kill ‘Em All
M3:Revolution

「New Age Warriors」スペシャルサイト
http://www.crossfaith.jp/naw

 

ツアー情報
New Age Warriors Tour 2016
9/14 (水) - 柏PALOOZA
9/15 (木) - 水戸ライトハウス
9/17 (土) - 盛岡CHANGE WAVE
9/18 (日) - 郡山CLUB #9
9/19 (月・祝) - 仙台RENSA
9/22 (木・祝) - 旭川CASINO DRIVE
9/24 (土) - 帯広MEGA STONE
9/25 (日) - 札幌PENNY LANE24
9/28 (水) - 新潟LOTS
9/29 (木) - 長野CLUB JUNKBOX
10/01 (土) - 金沢EIGHT HALL
10/02 (日) - 京都MUSE
10/04 (火) - 松山W Studio RED
10/06 (木) - 熊本DRUM B.9 V1
10/07 (金) - 福岡DRUM LOGOS
10/09 (日) - 長崎DRUM Be-7
10/10 (月・祝) - 広島CLUB QUATTRO
10/12 (水) - 米子laughs
10/13 (木) - 岡山YEBISU YA PRO
10/15 (土) - 神戸太陽と虎
10/16 (日) - 静岡 SOUND SHOWER ark
10/18 (火) - さいたま新都心 HEAVEN'S ROCK VJ-3
10/19 (水) - 横浜F.A.D YOKOHAMA
10/22 (土) - 高知X-pt
10/23 (日) - 高松OLIVE HALL
10/25 (火) - 堺東Goith
10/29 (土) - 沖縄桜坂セントラル

シェア / 保存先を選択