幻想怪奇な館に囚われた若者たちの運命は……? 『黒蝶のサイケデリカ THE STAGE』開幕

SPICER
『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』


恋愛アドベンチャーゲーム、通称「乙女ゲー」の人気作品を原作とした舞台『黒蝶のサイケデリカ THE STAGE』が、8月3日(水)紀伊國屋ホールにて初日を迎えた。

一人の少女が眠りから目覚めると、そこは初めて目にする謎の館だった。自分の名前はもちろん、これまでの記憶をすべてなくし、元の世界に戻ることもできない中、少女は同じように記憶をなくした若者たちと出会う。何故この館にいるのか。どうすればここから出られるのか。謎の人物からの命題の意味は…幻想怪奇な館で繰り広げられる、サスペンスラブストーリー。

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

オープニング。これから始まる不思議な物語を登場人物たちが一斉に語りだす。その様子は一人ひとりの物語でありながら全員が絡み合う物語でもあることを暗に示しているようで…。

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

昨今の舞台ではとかく映像表現を多用して舞台を作りこんでいきがちだが、本作は生身の人間で最大限やりきろうとしている点を評価したい。結果、時に舞台が人の多さで狭く感じることもあったが、その分、目の前で起きている出来事がより生々しく伝わってくるように思えた。

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

『黒蝶のサイケデリカ』

もともとの「乙女ゲー」では自分の好みのプレイヤーを選んで物語が進んでいくとのことだが、ぜひ舞台の上で本物の汗をかき、荒い呼吸を続けながら生きる全員に注目しつつ、この物語のゴールにたどり着いていただきたい。

(取材・文・撮影=こむらさき)

公演情報
『黒蝶のサイケデリカ THE STAGE

◆原作:オトメイト『黒蝶のサイケデリカ』
◆脚本・演出:菅野臣太朗
◆出演:山田ジェームス武、藤本かえで/北村健人、八島諒、木村敦、阿部快征、霜月紫、大塚愛菜/平山佳延、村上侑希、染川重樹、山崎あずみ 他

◆日程:2016年8月3日(水)~ 8月7日(日)
◆会場:紀伊國屋ホール
◆料金:[プレミア席]9,500円(税込・特典付き) [一般席]6,800円(税込)
◆公式サイト:http://wup-e.com/psychedelica-stage/


シェア / 保存先を選択