「キモいんだよ、ハゲ!」「小バエがうるせえな」対話型人工知能“罵倒少女”(CV:井上麻里奈)がベータサービスを開始

ニュース
2016.8.4

画像を全て表示(12件)

対話型人工知能(AI)[PROJECT Samantha](プロジェクト・サマンサ)のβサービスが、世界最大級のイラストSNSサイト・pixiv上で始まった。
 

 

[PROJECT Samantha]は人格データをAI化することにより、様々なサービスシステム内でコミック、アニメ、ノベルズなどに登場する架空のキャラクターたちとの会話コミュニケーションを実現するもの。

今回のβサービスでは、8月4日から8月15日の期間限定で、カイカイキキ所属のクリエイター・mebae氏の人気コンテンツ『罵倒少女』の“素子(もとこ)”をAI化。素子の声はアニメ『図書館戦争』笠原郁役や、『進撃の巨人』アルミン・アルレルト役で知られる井上麻里奈が担当している。素子はユーザーからの話しかけに応じ、ほぼすべて罵倒で反応する。「小バエがうるせえな」「キモいんだよ、ハゲ!」など、とにかく刺激的な言葉で返してくれるようだ。また、素子はテキストチャットだけではなく、スタンプやボイスメッセージで反応することもあるという。

 


 

 

対話型人工知能(AI)の[PROJECT Samantha]は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントと株式会社言語理解研究所が共同開発したもので、最新の自然言語理解システム(NLU)とマシーンラーニング(NLP)をハイブリッド化した知識駆動型AI。ユーザーの意図を推論したり、対話の状況から動的に感情が変化させ、利用者との対話から学習・進化していくそう。なお、素子の罵倒を楽しむためには、pixivへの登録が必要となる。サービス期間が限られているので、興味のある方はいそいでチェックしよう。

©Sony Music Entertainment(Japan)Inc. ©Institute of Language Understanding Inc. ©pixiv

サービス情報
『罵倒少女』

※ご利用はpixiv IDが必要です。
※サービス提供時間は2016年8月4日12時から8月15日12時までです。
※PCおよびスマホに対応しています。

公式サイト:http://www.pixiv.net/special/batoshojo




キャラクター“罵倒少女”とは
カイカイキキに所属するクリエイターmebae氏によるオリジナルコンテンツで、黒髪の美少女「素子」が様々なシチュエーションで罵倒するというキャラクター。ハッシュタグ「♯罵倒少女」と共に投稿される一連のイラストはTwitterやpixivで話題を呼びました。2016年8月10日には株式会社KADOKAWAより書籍が発売されます。
 
罵倒少女 Illustrated by mebae(Kaikai Kiki) ©mebae / Kaikai Kiki

罵倒少女 Illustrated by mebae(Kaikai Kiki) ©mebae / Kaikai Kiki


 

 

シェア / 保存先を選択