『メタルギア』シリーズの最新作『METAL GEAR SURVIVE』の制作が決定 ゾンビのような敵と戦うPVも公開に

ニュース
動画
2016.8.17
 メタルギア 公式Twitterより

メタルギア 公式Twitterより

8月17日、コナミデジタルエンタテインメントがゲーム『メタルギア』シリーズの最新作『METAL GEAR SURVIVE』の制作をゲーム公式アカウントで発表した。同作のプロモーション映像も公開されている。

この発表はドイツで開催されたイベント『gamescom 2016』での制作発表にあわせたもの。IGNによれば、同作は前作『メタルギアソリッドV』の世界設定とアクションを引き継ぎ、最大4人での協力プレイが可能とのこと。また、これまでのステルスアクションにくわえ、サバイバル要素を取り入れているそう。発売は2017年を予定しており、プラットフォームはPC、Xbox One、PlayStation 4になるという。

 

 

公開されているプロモーションビデオでは、おなじみのビッグ・ボス/スネークらしき人物のほか、グロテスクなゾンビのような敵と戦うシーンも登場している。

『メタルギア』シリーズの生みの親・小島秀夫監督は2015年12月15日付けでコナミを退社しているため、同作は小島氏ぬきで作られる初めての作品となる。

シェア / 保存先を選択