BOYS AND MEN 新年の決意を誓った場所に1,000人が集結 シングル発売記念イベント公式レポート

レポート
2016.8.25
BOYS AND MEN  撮影=山本佳代子

BOYS AND MEN  撮影=山本佳代子

画像を全て表示(4件)

BOYS AND MENが、メジャーレーベル契約第一弾シングル「YAMATO☆Dancing」のリリースを記念し、発売日前日の23日にお台場のヴィーナスフォートの教会広場にてイベントを開催した。会場には1,000人のファンが集まった。

この教会広場は今年1月のはじめに、彼らが2016年の目標である「全国制覇」と書き初めを行い、新年の決意を誓った場所である。彼らの定番衣裳である学ラン姿で登場し、10月29日公開の映画『BOYS AND MEN~One For All, All For One~』の主題歌でもある新曲「YAMATO☆Dancing」を披露。オリコンウィークリーランキング1位となった「BOYMEN NINJA」、今年2月にリリースされた「Wanna be!」、さらに映画『BOYS AND MEN~One For All, All For One~』の劇中歌「One For All, All For One ~夢は叶えるもの~」も披露し、計4曲の躍動感あふれる迫力あるパフォーマンスにファン達の視線を釘付けに。

BOYS AND MEN  撮影=山本佳代子

BOYS AND MEN  撮影=山本佳代子

パフォーマンス後には、ニューシングルや10月公開の映画について語ったボイメン。今回のシングルにメンバーは「今年6年目に入るんですが、今まで僕たちがどんなふうに夢を追いたけてきたか、熱い思い僕たちの魂こもった曲です。今夢を追いかけて人に熱くなって貰いたいなと思います。どんなところにも挑戦すれば夢をかなえるチャンスが誰でもやっていると言う事を証明しているつもりです」、「汗でぐちゃぐちゃでも一生懸命夢を掴みに行こうよ!ボイメンらしさがギュッと詰まっています」、「男の生き様見せてやる!」と熱い思いを語った。また映画に関して、「僕たち自身を演じて、今までどうやって夢を追いかけてきたかドキュメンタリーではないがリアルに演じています。これだけのキャラクターがいて夢を追いかける群像芸として面白い仕上がりになっていて、前向きになる作品になっています」とコメントしていた。

さらに、先日まで行われていたリオ・オリンピックについて印象に残ったことについて、辻本は「僕が一番印象に残ったのは卓球の水谷選手です。男子の迫力のある卓球、中国の選手との試合、迫力ありましたね」、本田は「僕は、男子400メートルリレー1人1人の選手は9秒台の選手は居ませんが、バトンを繋いでいくと途端に強くなる日本のチームワークは僕たちと一緒だと思いました」、水野は「ボルト選手の3冠は無理じゃないかと言われていたが、僕たちも(オリコンシングルランキング)3作連続1位、3冠とれるのかというところもあり勇気を貰えます」とそれぞれ語った。

BOYS AND MEN  撮影=山本佳代子

BOYS AND MEN  撮影=山本佳代子

そして、東京オリンピックが開催される2020年の抱負を聞かれ、小林は「僕たち地元名古屋を拠点に活動してきたので名古屋ドームでLIVEをやりたい。そのためにメンバーの絆を深めて皆で突っ走って、全国の方に名古屋に来て頂き、一緒に盛り上がりたい!」と終始熱い気持ちを伝え、大盛況のうちにイベントは無事に終了した。
 
そんな彼らが、8月24日発表のオリコンシングルデイリ―ランキングで新作が1位を獲得したことが分かった。これを受けて、「オリコン1位ありがとうございます! 本当にうれしいです!!」と、メンバー全員で大喜び。リーダーの水野勝は、「地元の東海エリアが盛り上がればいいなと思い、日本全国いろいろな場所で歌ってきました。たくさんの方々に応援していただいたおかげです。ボイメンのエンターテイメントをこれからも全国へ、そして世界へ発信していきたいです。夢はあきらめなければ、必ず叶います!」と、メンバーを代表して思いを語った。

BOYS AND MEN  撮影=山本佳代子

BOYS AND MEN  撮影=山本佳代子

シェア / 保存先を選択