宮藤官九郎作・演出の「ウーマンリブ」新作公演、主題歌は細野晴臣

ニュース
2015.8.12

宮藤官九郎が作・演出を手掛ける『ウーマンリブvol.13 「七年ぶりの恋人」』が、10月29日から東京・下北沢の本多劇場、12月2日から大阪の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演される。

1996年の『ウーマンリブvol.1「ナオミの夢」』からスタートした『ウーマンリブシリーズ』は、宮藤が何物にもとらわれず、今やりたいことをストレートに表現するという大人計画の劇団公演。同シリーズではこれまで、峯田和伸、おぎやはぎ、古田新太らが日替わりでゲスト出演した『ウーマンリブvol.8「轟天vs港カヲル~ドラゴンロック!女たちよ、俺を愛してきれいになあれ」』や、松尾スズキ、宮崎あおい、田辺誠一、岩松了らが出演した『ウーマンリブvol.12「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」』など12作品が上演されている。

『ウーマンリブvol.13 「七年ぶりの恋人」』で上演される全てのコントは1980年代の歌謡曲がタイトルとなっており、それぞれのタイトルをもとにした新たな「くだらない物語」が作られるという。なお、同公演の主題歌は宮藤が作詞、細野晴臣が作曲を担当する。

出演者には、宮藤をはじめ、大人計画の劇団員である阿部サダヲ、池津祥子、伊勢志摩、皆川猿時、村杉蝉之介、荒川良々、少路勇介が名を連ねている。チケットの一般発売は9月12日10:00からスタートする。

宮藤官九郎のコメント

ゲスト呼べなかったわけじゃないんです。
七年ぶりのコント公演、出て欲しい人の名前を挙げてったら、こんな顔ぶれになっちゃいました。
劇団員だけ…逆にやりづらいです。

イベント情報

『ウーマンリブvol.13 「七年ぶりの恋人」』

作・演出:宮藤官九郎
主題歌:細野晴臣
出演:
阿部サダヲ
池津祥子
伊勢志摩
皆川猿時
村杉蝉之介
荒川良々
少路勇介
宮藤官九郎

東京公演
2015年10月29日(木)~11月29日(日)全37公演
会場:東京都 下北沢 本多劇場
料金:6,500円 ヤング券(U-22チケット)3,800円

大阪公演
2015年12月2日(水)~12月9日(水)全10公演
会場:大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
料金:6,800円 ヤング券(U-22チケット)3,800円

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択