『イケメンと行く 妄想アートデート』胸キュン六本木・乃木坂篇

SPICER
 ©girls Artalk

©girls Artalk

画像を全て表示(30件)

『イケメンと行く 妄想アートデート』連載企画がスタートします。これは、巷で話題のイケメンと共に"アートにまつわるデートをしてみたら……?"というアート好き女子の妄想をかきたてる連載企画です。毎回、美術館やギャラリーなどのアートスポットを素敵男子とともに巡り、その様子をご紹介していきます。

 

今回のデート相手は、ジャスティンこと小笠原巧さん(以下、J)。TOKYO MX1 9ch『THE HOUSE~first season~』の第1期卒業生であり、ミュージシャン、俳優、モデルとマルチに活躍されているアーティストです。180cmと長身、脚は長くて、隣りに並ぶのがためらわれるほどの超小顔! なんといっても笑ったときのくしゃっとした顔がキュートなイケメンです。

今回のアートデートでは『六本木・乃木坂』界隈を巡ります。待ち合わせは乃木坂駅出口。「気になる彼と”仕事帰りデート”」という設定でさっそくスタートです。

***********************************

今日は気になる彼と3度目のデート。これまでの2回に及ぶデートは一緒にご飯を食べただけだったけれど、その時に趣味がアート鑑賞と言ったら「実は美術館て行ったことがないんだよね……。オススメある? 今度案内してよ!」と興味を持ってくれたのです! そこで、さっそく今話題の『宇宙と芸術展 ~かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ~』に行く約束をしました。

ドキドキしながら駅の出口へ着くと、そこにはもう彼の姿が!

(あちゃ~、早く着くようにダッシュで来たのに……。)

:ジャスティンさん、お待たせしてごめんなさい!

(髭×Vネックで、アーティスト感が溢れ出してる! 今日もカッコイイ~♡)

J:俺も今来たところだよ! 森美術館ってヒルズだから待ち合わせは六本木かと思っていたけど、乃木坂なんだね?

:仕事早く終わったからお散歩しつつ向かおうかなって! 森美術館は22時閉館だから仕事帰りにも行けて、アートファンにとっては強い味方なんだよ~。

J:へー! 美術館て早く閉まっちゃうイメージだったけど意外!

なんて話をしながら、乃木坂のパブリックアートへ。

©girls Artalk

©girls Artalk

これは、アートを面白く紹介する"アートテラー"として活躍中のトニ~さん(http://ameblo.jp/artony/)がおすすめしてくれたパブリックアート。球体が転がることで、木琴やシンバルといった楽器が音を奏でて時を刻んでいく時計なんだそう。

©girls Artalk

©girls Artalk

J:なにこれ! 機械みたいって思ったけどよくみると色んなもので道ができていておもしろいね。

そういって見入っている好奇心旺盛な横顔にキュン♡

©girls Artalk

©girls Artalk

少ししてからそこを離れ、六本木ヒルズへ。お互い仕事やライフスタイルの会話で盛り上がり、約20分程の道のりがあっという間に感じる……。

©girls Artalk

©girls Artalk

六本木ヒルズのハチ公的存在になっている、高さ10mに及ぶ巨大なクモ。この日も多くのヒトが待ち合わせの目印にしていたようです。

ルイーズ・ブルジョア《ママン》2002年(1999年)/ブロンズ、ステンレス、大理石  9.27 x 8.91 x 10.23(h)m

ルイーズ・ブルジョア《ママン》2002年(1999年)/ブロンズ、ステンレス、大理石 9.27 x 8.91 x 10.23(h)m

:このパブリックアートは”世界中から人が集まり、新たな情報を紡ぐ場の象徴”として作られたんだって。……って、あれ?!

「ジャスティンさんがいない!」と思ったら後ろから声が。

J:見て見て、ドラえもん! よくみると全員違うもの持ってる~!

と、はしゃいでいる笑顔がかわいい♡  思わずドラえもんと記念撮影。

©girls Artalk

©girls Artalk

六本木ヒルズは来るたびに素敵なお花や企画があって飽きません。自然と笑顔がこぼれたところで本日のメイン、森美術館へ。入り口にはさっそく人工衛星が展示されています。

©girls Artalk

©girls Artalk

J:これは実際に打ち上げられたものの4分の1サイズなんだね! てことは意外とそんなに大きくなくない?

:確かに! そんなに大きくないけど、宇宙の情報を伝えてくれてるんだね。早く中に入ろう!

エスカレーターでも常にレディーファーストで優しい視線で話を聞いてくれるジャスティンさん。上目遣いに思わずキュン♡ いざ展示の中へと進みます。

©girls Artalk

©girls Artalk

『宇宙と芸術展』の展示内容は多岐にわたります。室町時代や江戸時代の宇宙に関する貴重な資料から、”宇宙”を人々はどのように捉えていたかを紐解いていくセクション、未来の宇宙住宅アイディアまで、幅広い品々が登場します。

©girls Artalk

©girls Artalk

J:『竹取物語』が”日本最古のSF小説といえる”っていうの目から鱗だね。

:確かに”月に帰っていくかぐや姫”っていわゆる宇宙人なのでは?っていう発想は面白いね。

J:ね! 他にも、いままでは”宇宙”との関連なんて想像もつかなかったものが多くて、解説を読むのについつい夢中になっちゃったよ。

チームラボ《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space》2016年/インタラクティブ・デジタル・インスタレーション/4分20秒/サウンド:高橋英明

チームラボ《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space》2016年/インタラクティブ・デジタル・インスタレーション/4分20秒/サウンド:高橋英明

彼が一番食いついていたのは映像作品。3つの映像作品があり、中でもチームラボさんの作品には大興奮でした。黒いカーテンを開けるとそこには宇宙が……! 床も含めた360度の視界が全て映像で包まれ、2つの光が宇宙で自由に追いかけっこをするように飛び回ります。これまで何度かチームラボの作品を見てきた私も、創りこまれた世界観にかつてないほど引き込まれてしまいました。

J&私:うわぁ……。

感嘆の声を思わず漏らしてしまいました。

J:なんか揺れてる気がしない!?

(ふらっ……)

上下左右が映像で囲まれた空間で、思わずバランス感覚を失い倒れそうになると、すかさずキャッチしてくれて、

J:一緒に飛び回っているみたいだね!

と一言。微笑んでくれているのが話し声でわかり、またもや胸キュン♡ 自然なボディタッチに思わず照れてしまいました。

セミコンダクター《ブリリアント・ノイズ》 2006年/マルチチャンネル・ビデオ・インスタレーション/10分(ループ)

セミコンダクター《ブリリアント・ノイズ》 2006年/マルチチャンネル・ビデオ・インスタレーション/10分(ループ)

©girls Artalk

©girls Artalk

空山基《セクシーロボット》2016年

空山基《セクシーロボット》2016年

:空山基さんはロボット犬”aibo”をデザインしたことでも知られているアーティストさんなんだけど、以前インタビューさせてもらったことがあるんだ。この《セクシーロボット》という作品は、その時の展示では普通に壁に背を向けて置かれていたんだけど、今回は”回るお立ち台”のようなイメージの装置で展示されてるんだね!

J:へぇー、そうなんだ! 後ろ姿も見れて面白いなあ~!

と言いながら、写真を撮ることに夢中なジャスティンさん。

(心から興味を示してくれていて嬉しいな……。それにしても、お尻のショット狙いすぎじゃない!?)

と、セクシーロボットに嫉妬しちゃいましたが、やっぱり写真を撮れる作品が多いことは美術館に馴染みがない方でも楽しむことができる大きな要素だと感じました。

トム・サックス《ザ・クローラー》2003年

トム・サックス《ザ・クローラー》2003年

トム・サックス《ザ・クローラー》2003年

トム・サックス《ザ・クローラー》2003年

J:まだ時間ある? ご飯食べようか。森美術館っておしゃれなカフェとかレストランも併設してるんだよね。来る前ネットで見てて、『THE MOON』ていうレストランが気になってたんだけど、どう?

:調べてくれてたんだ! うん、行こう! あ、でもその前にショップ閉まっちゃうからポストカードだけ買いたいな。せっかくだから一番印象に残った作品のポストカードをそれぞれ買って、あとで交換会しようよ!

J:いいね、それ! 結構種類があって悩むな。俺は……よし、これにしよう!

お互いに相手に見えないよう購入して、レストランへ。

©girls Artalk

©girls Artalk

森美術館にはよく来ているけれど、これまではカジュアルなカフェエリア『THE SUN』にしか入ったことがなかったからわくわくです。

©girls Artalk

©girls Artalk

レストランエリア『THE MOON』の店中に入るとカフェエリアとは異なる、しっとりした大人の空間が夜景と共に広がっていました。

©girls Artalk

©girls Artalk

奥の個室に通していただくと壁にはいくつかの水彩画が飾ってありました。店員さん曰く、こちらのレストランのアート作品は森美術館が監修しているのだそう。こちらの絵に描かれている裸の男性は、アーティスト・篠田太郎が映像作品を撮っているときの自分をイメージして描いたとのこと。

©girls Artalk

©girls Artalk

さっそく料理が来るまで二人で作品を鑑賞。

J:なんで裸なんだろう(笑)。でも、開放的で気持ちがよさそう!

©girls Artalk

©girls Artalk


©girls Artalk

©girls Artalk

話が盛り上がっていると料理が運ばれてきました。まずはメインのお肉料理、盛り方もオシャレです。

©girls Artalk

©girls Artalk

食べてみて即座にわかるような味付けではなく、一口食べてみて「これってどんな味だった? 甘辛い?」「ジンジャーかなあ? 後味が爽やかだね!」なんて、コミュニケーションが生まれるお料理でした。一言では表せない味付けに、二人の会話も弾みます。

©girls Artalk

©girls Artalk

続いてデザート。透明なボールにフルーツのようなものが載せられています。

©girls Artalk

©girls Artalk

店員さんがおもむろに水差しをかけると、ドライアイスがお皿の上から滑るように溢れ、あっという間に机に広がっていきました。

©girls Artalk

©girls Artalk

J&私:わぁ~! すごい!

料理もただ美味しいだけではなくて、美術館らしいアートな盛り付けと過剰すぎないエンターテイメントな演出。今まで食べたことがない味わいとアートの力を借りて会話が盛り上がり、ジャスティンさんとの距離が一気に縮まった気がしました。

お店を出る前に、お互いが選んだ『宇宙と芸術展』のポストカードを交換。

J&私:せーの!

©girls Artalk

©girls Artalk

なんと2人とも空山基氏の《セクシーロボット》をチョイス!

:やっぱり! ジャスティンさん、一番本気で写真撮ってたもんね(笑)。

J:空山さんにインタビューした話をしてくれたのがすごく興味深かったんだよね。しかも、実際見てみたらSFとリアル感のバランスが絶妙で、すごくカッコよかったからファンになっちゃったよ!

:後姿とかも、セクシーすぎたよね! ちょっと嫉妬しちゃうもん(笑)。

アートの話しで盛り上がり、話題は尽きないけれど気づけばいい時間。「まだ帰りたくないな」と思いながらレストランを出ると……。

J:もう少し、一緒にいたいな。ちょっと散歩しない?

思わずドキッとして黙って頷くことしかできなかったけれど、思わず笑みがこぼれちゃいました。ゆっくりまた話しながら毛利庭園の方へ。「そういえば、ここにもアートが隠れていたなあ」と思い、池へ近付いてみるとそこには大きなハート型のアート作品が。

ジャン=ミシェル・オトニエル 2013年/ブロンズ、金箔、ステンレス鋼 330 x 360 x 169(h)cm Courtesy: Galerie Perrotin, Hong Kong and Paris

ジャン=ミシェル・オトニエル 2013年/ブロンズ、金箔、ステンレス鋼 330 x 360 x 169(h)cm Courtesy: Galerie Perrotin, Hong Kong and Paris

この作品はジャン=ミシェル・オトニエルによるパブリックアート《Kin no Kokoro》。六本木ヒルズと森美術館の10周年を記念し、歴史ある毛利庭園の池に制作された金箔の連珠です。毛利池に沿って歩いて行くと、徐々にメビウスの輪にも見える作品となっています。ジャン=ミシェル・オトニエルはこの作品に対して、「四季折々に変化する日本の自然、そして毛利庭園という江戸時代から続く歴史的景観になじんでほしい」とコメントしています。

ちょうどハートの真ん中に来た時に――。

J:今日のデートでは、たくさん君のことが知れて、魅力的な子だなって思ったよ。すっかりアートにもはまっちゃいそう! これからもっと、色んなところに一緒に行って思い出を作っていきたいな。

:え、それって……?

そういって手を差し出すジャスティンさん。ロマンティックな空気と真剣な眼差しに心臓が爆発寸前! もちろん答えは……♡

***********************************

いかがでしたか? 素敵なイケメンとの妄想アートデート、楽しんでいただけたでしょうか。今回紹介した六本木・乃木坂界隈のデートコースは、会社員や観光客の方々が平日の会社帰りでも十分に楽しめるように意識してコースを考えました。素敵な夜景と共に、”ちょっぴり大人なアートデート”、是非参考にしてみてくださいね。

©girls Artalk

©girls Artalk

 

モデル=小笠原巧 (ジャスティン)&山口智子
文=山口智子  撮影=新井まる 

イベント情報
宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ

会期:2016年7月30日(土)~2017 年1月9日(月・祝)
会場:森美術館 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
開館時間:10:00~22:00|火10:00~17:00 
*いずれも入館時間は閉館時間の30分前まで *会期中無休
入館料:一般1,600円、学生( 高校・大学生)1,100円、子供(4歳~中学生)600円
*表示料金に消費税込 *展望台 東京シティビュー、屋上スカイデッキへは別途料金がかかります。

展覧会公式サイト:http://www.mori.art.museum/contents/universe_art/index.html

シェア / 保存先を選択