ヤバイTシャツ屋さんが群馬初上陸! 大阪仕込みのギャグ炸裂で会場を爆笑の渦へ叩き込む

レポート
2016.9.24
ヤバイTシャツ屋さん

ヤバイTシャツ屋さん

画像を全て表示(4件)

山人音楽祭2016 【榛名ステージ】 ヤバイTシャツ屋さん

初の群馬遠征ライブとなる山人音楽祭においても、彼らの圧倒的“ヤバさ”はファンの期待を裏切らなかった……。そう、先日ユニバーサルミュージックからのメジャーデビューを発表したばかりの3ピースバンド・ヤバイTシャツ屋さんである。本番前のサウンドチェックで、しばたありぼぼ(B/Vo)が「本編ではやらない曲やろか?」と持ちかけると、こやま (G/Vo)の「喜志駅やろ」の返しで、セットリストにはない「喜志駅周辺なんもない」の演奏がスタート。本番さながらの盛り上がりを見せた。その後もリハーサル中にもかかわらず新曲の告知&演奏をするといった自由奔放さを見せ、一旦ステージから退場。観客は、この時点で彼らのペースにどっぷり引き込まれてしまっていた……。

ヤバイTシャツ屋さん

ヤバイTシャツ屋さん

照明が落ちてメンバーが登場すると、会場は再び大歓声に包まれる。こやまが「やばいTシャツ屋さんが始まるよー!みんな、ありがとー!」と告げ、その流れで演奏しはじめたのはなんと、別ステージに出演しているWANIMAの「THANKX」。爆笑の渦の中すぐさま演奏を中止し、「Tank-top of the world」を披露。オーディエンスは拳を振り上げ、「GO TO RIZAP!」と合唱する。しばたも、コーラスの合間を縫ってぴょんぴょんと楽しそうにステージを駆け回る。「アー!猫飼いたーい!」というこやまの雄叫びから、そのまま「猫飼いたい」に突入。メンバーはみな髪を振り乱し、会場の熱量もとどまるところを知らない。


G-FREAK FACTORYが事務所の先輩だというヤバT。MCでは、「今日はG-FREAK FACTORYのコピーバンドで出させていただきました」「ヤバイTシャツ屋さんということで、三人とも同じTシャツで来ました(※本当は三人ともバラバラ)」など、早口でボケをかましまくるこやまに、もりもりもと(Dr.Cho)が淡々とツッコミを入れていく。このあたりも楽しい。

ヤバイTシャツ屋さん

ヤバイTシャツ屋さん

新曲「L.O.V.E. タオル」では、観客にタオルを回させるパートや、ヘドバンパートもわかりやすく盛り込まれており、「メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されてる感じの曲」でも、歌詞の煽りに合わせて観客を全員座らせ、「せーの」のタイミングでジャンプさせたりと、徹底したエンタテインメントぶりだ。これで盛り上がらないわけがない。

「新しい曲を作ってきました、最後にそれを披露して帰ってもいいでしょうか……」と言って架空の曲を演奏し始めるこやまに、もりもとが「そんな曲ないやん! そんな曲あるかよ!」とツッコミを入れるところから、「あつまれ!パーティーピーポー」がスタート。ラストソング「スプラッピ・スプラッパ」では前方に大きなモッシュサークルも発生し、最後までぶっちぎりでハイテンションなライブを見せてくれたヤバTであった。
 

レポート・文=まにょ 撮影=半田安政(Showcase)

ヤバイTシャツ屋さん

ヤバイTシャツ屋さん

 
セットリスト
山人音楽祭2016 【榛名ステージ】 ヤバイTシャツ屋さん
1.Tank-top of the world
2.ネコ飼いたい
3.ウェイウェイ大学生
4.L.O.V.E タオル
5.メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されてる感じの曲
6.あつまれ!パーティーピーポー
7.スプラッピ・スプラッパ

 

シェア / 保存先を選択