『山人音楽祭』初の試み“山人MCバトル” —— 初代チャンピオンは誰だ!

レポート
2016.9.24
山人MCバトル

山人MCバトル

画像を全て表示(5件)

山人音楽祭2016 【妙義ステージ】 山人MCバトル

近年、MCバトルが異様な盛り上がりを見せている。MCバトルとは、2人のラッパーが数小節ごとに即興でラップをし、その優劣をオーディエンス(ときに審査員)が決めるというもの。MCバトル自体はヒップホップ創生期から存在するものだが、ここ日本では、『高校生ラップ選手権』や『フリースタイルダンジョン』といった人気番組がきっかけとなって注目を集めている。そんなMCバトル人気を受けて、『山人音楽祭』初の試みとなる「山人MCバトル」の記念すべき第一回が、妙義ステージにて開催された。

山人MCバトル

山人MCバトル

出演者は8人。記念すべき一回戦はTK da 黒ぶち vs. NAIKA MC。軍配は、早口でまくし立てるTK da 黒ぶちに対して圧倒的な声量と力強い言葉で立ち向かったNAIKA MCに上がった。続く、崇勲 vs サイプレス上野の試合はサ上の勝利。バチバチな展開になるかと思いきや、両試合ともまずは様子見といった感じの緩めな立ち上がり。レゲエとヒップホップ織り交ぜた独特なフロウを得意とするMAKAに対してSAMが勝利を収めた後は、N∀OKI(ROTTENGRAFFTY)とGOLBYの対戦。試合前のフィールドからの支持はN∀OKIの方が圧倒的に上だったが、勝利を得たのはGOLBY。オーディエンスも真剣に審査しているのだ。

山人MCバトル

山人MCバトル

8小節3本勝負となった準決勝一回戦はNAIKA MC vs サ上。ここではNAIKAが勝利。続く、SAM vs GOLBYでは、栃木出身のSAMに対するアンサーとしてGOLBYが放った<見ざる聞かざるSAMはここを去る>というパンチラインがバカ受け。勝ちをもぎ取った。

山人MCバトル

山人MCバトル

 

さあ、ついに決勝戦!……と思いきや、台本通りに敗者復活戦がスタート。途中、進行上の問題が生じ、これまで軽快に進行を務めてきた我次郎MICも戸惑うなか、颯爽と現れたのがMOROHAアフロ。彼は今日のバトルにエントリーされていなかったが、急遽フリースタイルをかましたのである。この嬉しいハプニングにオーディエンスは湧いたが、バトルのステージに飛び入りしたことが気に障ったのか、サイプレス上野がステージに現れ、予定外のバトルが始まる。小節の数も何ターンかも関係ない。お互いのラップのケツと頭が何度もカブるぐらい白熱した内容となったが、不穏な空気を察知したスタッフ陣が止めに入り、一触即発の事態はいったん収束。

山人MCバトル

山人MCバトル

N∀OKIが熱のこもったラップでフロアを沸かせたり、GOLBYがサイプレス上野への支持を表明するなど、ぐわっとフィールドの熱が高まったところでついに決勝戦。NAIKA MCと、敗者復活戦を勝ち上がった崇勲の一戦となった。これがかなりの好ゲームで、仲間同士によるエールの交換は多くのオーディエンスの胸を熱くした。勝敗をつけるのが惜しい戦いだったが、勝利を収めたのはNAIKA MC。山人MCバトルの初代チャンピオンに輝いた。

最後は出場者によるマイクリレーで第一回山人MCバトルは幕を閉じた。これは来年も開催してほしいぞ!
 

レポート・文=阿刀“DA”大志 撮影=Shingo Tamai

シェア / 保存先を選択