WANIMA 歌い、踊り、笑顔で再会の約束を 「やっぱどう考えても、日本で一番群馬が好き」

SPICER
WANIMA

WANIMA

画像を全て表示(4件)

山人音楽祭2016 【赤城ステージ】 WANIMA

まもなく佳境に差し掛かってきた『山人音楽祭』。赤城ステージには、おそらく今一番フロアに愛されているであろうスリーピース、WANIMAが登場。満面の笑みを浮かべながら、走って登場してきた3人を、超満員状態のフロアが大歓声で出迎えた。そんな声に応えるように、ステージを隅から隅まで走り回り、フロアを煽りに煽ってから、「やっぱどう考えても、日本で一番群馬が好き!」と宣言。

WANIMA

WANIMA

「THANX」でライブをスタートさせると、早くもオーディエンスのシンガロングが会場全体に響き渡る。続く「いいから」では、歌い出しを<群馬、山人、いいから気持ちよくするから>と変え、本能を突き動かす躍動的なビートで、フロアを激しく踊らせていった。また、曲の最後でFUJIが「お前が舵をとれ!」と長渕剛のモノマネを繰り出せば、MCではKENTAが「G-FREAK FACTORYの茂木さんに憧れてこの髪型にしました!」と笑いを巻き起こすだけでなく、「限りない故郷にー!」「愛をー!」と、G-FREAK FACTORYの「日はまだ高く」の歌詞で、オーディエンスと掛け合いをしたりと、演奏以外の場面でもフロアを徹底的に盛り上げ、ひとり残らず笑顔にさせていく。そんなフロアの熱を受け、更に勢いを加速させて「リベンジ」を叩きつければ、「お前達ー! そんなもんじゃー! 山人になれんぞー!」というKO-SHINの煽りから「Hey Lady」へ。オーディエンスはまたもや大合唱。力強い2ビートにかちあげられたキッズ達は、次から次へとステージめがけてクラウドサーフを繰り返していた。

WANIMA

WANIMA

そんな興奮状態のオーディエンス達に「全員で歌いましょう!」と呼びかけて歌い始めたのは「1106」。KENTAはときに目を強く閉じ、ときに笑みを浮かべて遠くを指差したりと、曲に込めたメッセージを熱くフロアに伝えていく。そして「ちゃんと歌った後には、みんなと一緒に踊りたかね!」と「オドルヨル」へ。何度も高く飛び跳ねるオーディエンスで埋め尽くされているフロアを見渡し、いつも応援してくれている感謝を伝えると、「みんなと共に歌いたくて作った歌、歌います! ラスト、一緒に歌ってもらっていいですか!?」と、「ともに」を披露。この日何度目かの大合唱が再び巻き起こった。終始澱みなく、まっすぐにフロアへ目がけて全力で歌を届け、それをオーディエンスも激しく求めるその光景は、まさに相思相愛。「あざーっす! また必ず群馬にくるけん!」と、笑顔で再会の約束をし、次の10-FEETへバトンを渡したのだった。
 

レポート・文=山口哲生 撮影=HayachiN

WANIMA

WANIMA

 
セットリスト
山人音楽祭2016 【赤城ステージ】 WANIMA
1.THANX
2.いいから
3.リベンジ
4.Hey Lady
5.1106
6.オドルヨル
7.ともに

 

シェア / 保存先を選択