群馬ロック皆勤賞の10-FEETが帰ってきた!仲間たちへの想いを胸に、圧倒的なパフォーマンスで魅せる

レポート
2016.9.24
10-FEET

10-FEET

画像を全て表示(4件)

山人音楽祭2016 【赤城ステージ】 10-FEET

山人音楽祭』赤城ステージのトリ前を飾る、10-FEET。彼らとこのフェスの間には、切っても切れない長い歴史が存在する。実は10-FEETは、山人音楽祭の前身イベントである『GUNMA ROCK FESTIVAL』への過去出演は皆勤賞! そんな彼らがこのフェスやG-FREAKにかける想いは、ほかのどの出演アーティストよりも大きなものだろう。

10-FEET

10-FEET

TAKUMA(Vo/Gt)が「群馬ロック、復活おめでとう! いくぞ、ぶっとべ!」と叫び、大ヒット曲「RIVER」のイントロを弾き始めると、会場は一瞬で大きな歓声に包まれた。サビ部分では、もちろんオーディエンスも大合唱。中盤のコールアンドレスポンスでの一体感も圧巻であった。そのままの勢いで「風」「1sec.」と名曲が続く。TAKUMAが「そんなもんじゃねえだろ!」と会場を煽ると、それに応えるかのようにアリーナゾーンではモッシュ&ダイブが続出! NAOKI(Ba/Vo)はコーラスの合間にステージを動き回り、KOUICHI(Dr/Cho)は体の芯にずっしり響きわたる、小気味のいいドラミングで魅せる。

10-FEET

10-FEET

続くMCでは、デビューからこれまでの軌跡を振り返る。駆け出しでバンド友達以外の動員がゼロだった時代ももちろんあったが、小さな繋がりが広がっていき、これほど大きなステージに立つこととなった10-FEET。そうした過去を振り返ってTAKUMAがどうしてもファンに伝えたいのは、「トリを飾るG-FREAKや、ほかのステージのアーティストをなるべくたくさん見ていってほしい」ということだ。大御所となってからも人の繋がりを大切にする10-FEETだからこそ、毎年欠かさずこのイベントに呼ばれ、多くのファンたちにも愛され続けているのだろう。

TAKUMAの独唱から始まる「アンテナラスト」でしっとりと聴かせたと思いきや、再び疾走感を取り戻し、そのままラストの「その向こうへ」。がむしゃらになって叫ぶTAKUMAの声に一体になって応えるファンたちの姿を見ていると、ただライブを楽しんでいるというだけではなく、デビューから長いあいだ築き上げてきた互いの絆が垣間見えるようで、どこか感動的ですらあった。納得のステージを見せてくれた10-FEET。来年もまたこの群馬の地で、彼らに会えることを願おう。
 

レポート・文=まにょ 撮影=HayachiN

10-FEET

10-FEET

 
セットリスト
山人音楽祭2016 【赤城ステージ】 10-FEET
1.RIVER
2.風
3.1sec.
4.goes on
5.アンテナラスト
6.その向こうへ

 

シェア / 保存先を選択