難波章浩が「STAY GOLD」を歌う場面も!がっつり場をロックしたDJダイノジのエンタテインメント

SPICER
DJダイノジ

DJダイノジ

画像を全て表示(4件)

山人音楽祭2016 【妙義ステージ】 DJダイノジ

これだけ強力なラインナップのライブが並ぶ中でも、ダイノジのDJタイムに妙義ステージに集合した踊りたい・暴れたいオーディエンスは相当数。のっけから大谷が「昨日はB’zの稲葉さんの誕生日!」と「ultra soul」をぶっ込む。大地がわかりやすいダンスの振り付けを見せて、早々に一体感というか、全員同じ方向を見て踊るフォークダンスのごとき敷居の低さで、まだまだ体力を持て余し気味のキッズが続々と集まってくる。

DJダイノジ

DJダイノジ

KEYTALKの「MATSURI BAYASHI」や、TOTALFATの「夏のトカゲ」など、ただでさえ盛り上がる曲の中でも季節感、盛り上がる尺、最強のつなぎで、オーディエンス自身が主役になれるDJは、本物のライブとはまた違う自由度がある。大谷の「ハイタッチちょうだい~!」と煽りというには体操の先生みたいな盛り上げも功を奏する。

大谷の抜群のつなぎに加えて踊り続ける大地も凄まじい。目下、全世代的に大ヒット中のRADWIMPSの「前前前世」がスピンされると、もうサビのジャンプが半端ない高さになり、大地はステージを降りて、上の通路との斜面でライトも当たっていないというのに渾身のエアギターを披露。通路を移動中の人たちもその場でジャンプし始める。巻き込み力が半端ない。

DJダイノジ

DJダイノジ

「お届けしてるのは邪道DJダイノジデス。好きなものを好きでいてね。なんで今日、隣のやつとハイタッチしたのかなんて考えなくていいんです。君の嘘が本当を生むから!」と、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」、Dragon Ashの「FANTASISTA」と、ブチ上がり間違いなしのキラーチューンを連続投下。その最中。そして次の曲のイントロが聴こえるかどうかぐらいで、なんと難波章浩が登場し、カラオケ状態で「STAY GOLD」を歌う珍事が! 本気のサークルモッシュが起こり、大谷自身も驚いているようだった。「嘘ついてたら本物でてきたよ!」……まさにその通りだ。

全力を出し尽くして「もしかしたら一番面白かったかも」という声も聞こえるほど、彼らならではの参加型エンタテイメントを成し遂げてくれたのだった。
 

レポート・文=石角友香 撮影=Shingo Tamai

DJダイノジ

DJダイノジ

シェア / 保存先を選択