雨にも負けず、踊って、歌って、泣いて、笑った 初の地元野外ライブで見せたWHITE JAMの不変と挑戦

SPICER+
WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)

WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)

画像を全て表示(10件)

WHITE JAM “ベストアルバム発売記念感謝祭” in 大阪
2016.9.22(Thu.) 服部緑地野外音楽堂

WHITE JAMが初めて地元関西で野外ライブを行った。内容はタイトルが表す通りで、10月5日(水)にリリースを控える初のベストアルバムの収録曲をすべて披露。インディーズ時代の重要曲から最新曲まで、彼らの軌跡と流儀を凝縮しながらも、音楽に対する変わらない真摯な姿勢と、常に上を目指し、進化し続ける飽くなき姿を示してくれた。

開演30分前頃から急に激しさを増した雨が降りしきる中、会場は『8小節ゲーム頂上決戦』を勝ち抜いたILL-C、ちばしんのオープニングアクトやこの日のDJ&マニピュレーターを務めるHIDeによるDJタイムで、観客は徐々に盛り上がりモードに。

オープニング 撮影=チャンス(WJ)

オープニング 撮影=チャンス(WJ)

そこに3人がステージに登場。GASHIMA(Rap)の「ただいまー! 雨なんて吹っ飛ばして行こうぜ!!」の雄叫びととともに、この瞬間に相応しい新曲「時よ止まれ」でライブの幕が開ける。世界最高峰のダンスコンテスト『VIBE XXI 2016』で優勝に輝いたダンスチームGANMIのSo-taら5人のダンサーが加わっての「夏なんて」、SHIROSE(Vo)のメロディセンスが光る「セルアウト」、KICK THE CAN CREWネタをぶち込んだ「ダイナミックサマー」、NIKKI(Vo)が魅力的に歌う<何をしたい? どこに行きたい?>の詞がインパクトを残す「Boys & Girls」のアッパーなキラーチューンで畳み掛け、雨をものともしないオーディエンスを一気に歓喜の高みへ連れていく。

WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)

WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)

WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)

WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)

大騒ぎから一転、ライブではレアな「ONE 4 YOU」でしっとり酔わせたかと思うと、逆に最も長く歌い続け、様々な景色を共有してきた「Tinkerbell」に新たな1ページを刻んだ。間髪入れず、So-ta振付けによる14人のダンサーを従えた「恋バナ花火」、『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)でGASHIMAと熱戦を繰広げたDOTAMAをフィーチャーし、刺激的なトラックと<俺ら東京で死ぬ>のリリックに覚悟を見る「Die in TOKYO」の新曲を続けざまに投下。最新のコレオグラフをJ-POPに落とし込み、新たな風景を描いてみせた。ライブ全体において、幾つかの試みを感じていたのだが、このシーンもそのひとつだろうか。こういった、知られてないが実は世界基準にある最先端をWHITE JAMというメジャーツールと遊び心でわかりやすく変換する作業は、枠にハマらない彼らだからできることであり、課せられた使命なのかもしれない。「Die in TOKYO」ではDOATAMAがステージに参戦すると、会場が一斉にハンズアップ!! “褒め”ラップバトル勃発も、GASHIMAの勝利で一件落着となった。

雨はいつの間にか止んでいたが、SHIROSEが「今日、雨が降ってなかったら演らなかった」と急遽プレイしたのが、ベスト盤に入っていない美しいバラード「もえるゴミ」。WHITE JAMの曲の中でも特にSHIROSEのボーカルの凄味が際立つ一曲で、これを聴けたのだから、雨も悪くない。

SHIROSE 撮影=チャンス(WJ)

SHIROSE 撮影=チャンス(WJ)

MCでは「僕はずっと自分のために歌を作ってきて。そんな曲をみんなが“私のために”って思ってくれることが不思議だし、すごくありがたい」と語ったSHIROSE。究極、思いやりも愛情も自己満足な感情だ。好きだから必ず好かれるわけじゃないし、「君のため」と言われても困惑することだってある。相手への優しさも自分がそうしたいだけのことを知る彼らの“自分のための歌”は、だからこそ信頼できるし、リスナーの本当になっていくのだと思う。「Valentine」もそんな一曲で、しかも、この日はGASHIMAが弾くギター1本でのアコースティックバージョン。シンプルが故により歌の核心が浮かび上がり、心を捉えていく。さらに彼らを“泣き歌アーティスト”に押上げた「ウソツキ」では、実体験が元になっていることから「一時は辛くて歌えないこともあった」というSHIROSEがひとりひとりに届けるように歌うと、それを大切に受け取り、目を輝かせる観客との間に優しい空気が流れた。

GASHIMA 撮影=チャンス(WJ)

GASHIMA 撮影=チャンス(WJ)

そしてSHIROSEの「最後の曲でーす」の言葉に「エッーー!!」「イヤや〜!」の悲鳴が飛び交うまま「I MISS YOU」へ突入。会場全体がひとつになるように〈WOW WOW〉のシンガロングが響き渡る。終盤、GASHIMAが、今日起こった野外ライブの特別感やラップへの信念、地元関西への熱い思いをフリースタイルで吐露。<東京は言った お前は天才じゃない 大阪は言った お前に限界はない>のライムに何故か胸がギュッと締めつけられた。

GASHIMA 撮影=チャンス(WJ)

GASHIMA 撮影=チャンス(WJ)

3人が「ありがとう」を繰り返し、しんみりムードが漂い始めると、GASHIMAの「でも、やっぱり最後は大阪らしくどんちゃん騒ぎで行こうぜー!!」の一声で、初披露となるNissy(西島隆弘)への提供曲「DANCE DANCE DANCE」がドロップ。ダンサーも再登場し、あちこちでタオル回しが巻き起こり、ハッピーな光景を映し出していく。そんなタオルも頭も振り回す狂喜乱舞なダンスから突如、電池が切れた人形……いや、無表情でグダっと並んで歩くゾンビのようなダンスに変わり会場は笑いの渦に。そのやる気のない姿のまま舞台から退場し、音響も強制終了。「うん? 終わり?」と思ったのも束の間、再び音が鳴り始め、メンバー&ダンサーが舞台へ傾れ込み、またもや狂喜乱舞からのゾンビダンスという新喜劇ばりの演出に大爆笑! そんな件を3回程(!!)繰り返し、何ともWHITE JAMらしいスタイルで本編が終了した。

WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)

WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)

アンコールはスタッフの提案で、観客がピエロ姿になっての逆サプライズが準備され、「咲かないで」を合唱し、自然発生的に起こった手拍子でメンバーを呼び込む。薄々感づいていたSHIROSEとGASHIMAに対し、何も気づかず感動するNIKKIが可愛過ぎる。

NIKKI 撮影=チャンス(WJ)

NIKKI 撮影=チャンス(WJ)

映画主題歌として「夢が叶った」(SHIROSE)という一曲「咲かないで〜泣き虫ピエロの結婚式ver」をゲストギタリスト堀次一輝とGASHIMAのツインギターで丁寧に紡ぎ終えると、ベストアルバムを引っ提げた冬ツアーを行うことが発表され、会場は歓声とどよめきに包まれる。その興奮をまといながら、オーラスは「8小節ゲーム」。“8小節オールスターズ”が勢揃いし、豪華マイクリレーで、まさに賑々しい大フィナーレとなった。

ライブ終了後は『8小節ゲーム頂上決戦』の最終結果が発表され、僅差でちばしんが優勝。今後はWHITE JAMプロデュースのもと配信デビューするとのことなので、こちらも注目だ。そして、WHITE JAM自身も、野外ライブという初体験や様々な実験がなされたこの日をひとつのポイントに、年末にはまた新たな景色を見せてくれるのだろう。

WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)

WHITE JAM 撮影=チャンス(WJ)


レポート・文=池田久美 撮影=チャンス(WJ)
 
セットリスト
WHITE JAM “ベストアルバム発売記念感謝祭”in 大阪
 
01.時よ止まれ
02.夏なんて
03.セルアウト
04.ダイナミックサマー
05.Boys & Girls
06.ONE 4 YOU
07.Tinkerbell (2016 Ver.)
08.恋バナ花火
09.Die in TOKYO
10.もえるゴミ
11 Valentine 
12.ウソツキ
13.I MISS YOU
14.DANCE DANCE DANCE
<Encore>
15.咲かないで〜泣き虫ピエロの結婚式ver
16.8小節ゲーム

 

シェア / 保存先を選択